All about Photonics

Business/Market 詳細

コヒレントDWDM市場予測、2023年に160億ドル

July, 29, 2019, Redwood City--DellOro Groupの予測によると、コヒレントDWDM販売額は2023年に160億ドルに達する見込である。この販売額の伸びは、200+Gbps波長出荷に後押しされたものである。
 DellOro Group、バイスプレジデント、Jimmy Yuは、「100Gbps成長サイクルは、過ぎ去った」と言う。「これは、コヒレント100Gbps波長がもはや必要でなくなったことを意味するのではない。新しい60Gbaudまた間もなくリリースされる90Gbaudラインカードにより、そのようになっているだけのことだ。200Gbpsと400Gbpsコヒレント信号の到達距離がさらに延び、サービスプロバイダのビット単価低減に貢献している。それが200+Gbpsを選択するこの上ない理由と考えられる。したがって、次の5年で100Gbps波長の出荷は減少すると予測しており、一方、200+Gbps波長の出荷は、CAGR 50%で成長する」と同氏は分析している。

光トランスポート5年予測の要点
・メトロと長距離(LH)を構成する全WDM市場は、CAGR 5%成長。予測期間に、WDM メトロがDWDM LHの成長をわずかに上回る。
・ディスアグリゲートWDMシステムは、2023年に30億ドルを超える見込である。
・200Gbps波長は、3年で出荷の最大シェアを構成すると予測されている。
・800Gbps波長の出荷は、2020年に増加が始まると予測されている。