All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートライティング市場、2025年に280億ドル

July, 17, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「スマートライティング市場、提供品(ハードウエア、照明&照明器具、照明コントロール、ソフトウエア、サービス)、通信技術(有線と無線)、導入タイプ、アプリケーション、地域ごとの、2025年でのグローバル予測によると、市場は、2018年の79億ドルから、CAGR19.1%成長で、2025年には280億ドルに達する見込である。
 スマートライティング市場成長の原動力は、都市をスマートシティに変革するインフラストラクチャの近代化と開発、エネルギー効率のよい照明システムに対する要求、LEDsの採用増とコスト低下、街路灯システムでインテリジェントソリューションの需要増、世界中のコンシューマや政府で省エネに対する認識の高まりなどである。

予測期間にスマート照明市場ではサービスが最高CAGRで成長
 スマートライティングシステム導入前後で、サービスは重要な役割を担う。このセグメントは、設計,エンジニアリングサービス、導入サービス、導入後のサービス(保守、サポートとモニタリングサービス)で構成される。スマートライティングシステムの設計とエンジニアリングサービスは、スマートライティング全体のコスト最小化に寄与する。また、設計と導入は、監査や相談サービスも含む。サービスは、照明インフラストラクチャの性能強化にも役立つ。導入後サービスは、スマートライティングシステムの保守、サポート、モニタリングサービスで構成される。保守サービスは、寿命保守サービス、システム最適化サービス、データ分析サービスで構成される。サービスのスマートライティング市場成長は主に、予測期間に省エネや環境安全性のためにスマート街路灯システムの予想される高率導入によるものである。

屋内アプリケーションが2023年までは市場で優位を占める
 スマートライティングの屋内アプリケーション(住宅、商用、産業用)は、予測期間にスマートライティング市場の大きな部分を占めると見られている。スマートライティングでのワイヤレス技術組込により、住宅屋内アプリケーション市場で高成長が見込まれている。住宅所有者が宅内のどこからでらも照明を制御し、エネルギーを節約できるスマートライティングは、今後の需要を促進すると見られている。商用アプリケーションで大きなエネルギー消費低減となるエネルギー効率のよい照明技術の利用は、従来の照明からスマートライティングへの移行を促進する。

ワイヤレス技術が予測期間に高率成長
 通信技術は、中でも照明や照明器具からのデータの携帯電話,コンピュータ、ネットワークハードウエアやソフトウエア、サテライトシステムなどへの送信に関与する。ワイヤレス通信技術市場は、有線技術よりも高率成長が予測されている。ワイヤレス技術の導入は、ワイヤの利用を最小化し、保守コストを減らし、屋内外のアプリケーションを便利にする。ZigBee, Bluetooth, EnOcean, Wi-Fi, 6LoWPANなどワイヤレス通信プロトコルの急速な展開が、予測期間にスマートライティング需要を後押しする。

予測期間に新規導入がスマートライティング市場で相対的に高いシェア
 新規導入とは、完全に新しいスマートライティングの導入。これは、新世代のLEDドライバやバラスト、センサ、スイッチ、調光器、ゲートウエアを含む。改良導入は、照明コントロールや管理システムの部分置き換えであるが、これに対して新規導入は、従来の照明システム、種々のコントールや照明器具の完全撤去後、新しい照明や関連のコントロールや照明器具で完全に置き換える。インフラストラクチャ改善、主に住宅や商用ビルにおける改善では国際協力の増加が新規導入のスマートライティング市場での優勢を後押しする。

2018-2023にAPACが最速成長
 APACのスマートライティング市場は、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。この地域は市場プレイヤにとって膨大な成長潜在力となっている。また、これらスマートライティングシステムは、住宅のデジタル化の不可欠の要素としてコンシューマが受け入れると見られている。APACにおける増加する建設活動が、この地域のスマートライティング市場の成長に大きく寄与しつつある。見込まれる建設は、中国で~2憶の住宅、インドで1憶8000万の住宅であり、これらはこの地域で今後数年、エネルギー効率の優れた照明やホームオートメーションに数々の新たな機会をもたらすと見られている。さらに、中国やインドの新興経済は、APACの市場全体にプラスの影響を与えつつある。公共のインフラストラクチャへの政府の支出、エネルギー効率のよい照明システムの採用増加が、APACにおけるスマートライティング成長の主因となっている。