All about Photonics

Business/Market 詳細

ヘルスケア市場におけるコンピュータビジョン、2027年に25億ドル超

July, 10, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート、「ヘルスケア市場におけるコンピュータビジョン、製品&サービス(ソフトウエア-オンプレミス、クラウド-ハードウエア(CPU, GPU, FPGA, ASICs),メモリ、ネットワーク)、アプリケーション(医療イメージング、手術)、&エンドユーザ(ヘルスケアプロバイダ、診断センタ)ごとの2027年までの予測」によると,市場は、2018年の2億1000万ドルから予測期間にCAGR 31.9%成長で、2027年には25億5000万ドルに達する見込である。
 この市場の成長の主要原動力は、ヘルスケア産業におけるコンピュータビジョンシステム需要増、AIベース技術普及増のための政府の政策、ヘルスケアのビッグデータ、精密医療でのコンピュータビジョンの利用である。

医療イメージングアンド診断セグメントが最高CAGRで成長
 アプリケーションベースでは、ヘルスケア市場におけるコンピュータビジョンは、医療イメージング&診断、手術および他のアプリケーションに分類されている。医療イメージング&診断セグメントが、予測期間に最高CAGRで成長すると予測されている。医療イメージング&診断にコンピュータビジョンを使う利点は、品質、精度、予測可能性であり、ある病気の早期検出が医療イメージング&診断セグメントの成長を後押ししている。

ハードウエアバイダが、最大ユーザ
 エンドユーザベースでは、ヘルスケア市場におけるコンピュータビジョンは、ヘルスケアプロバイダ、診断センタ、および他のエンドユーザに分かれる。ヘルスケアプロバイダが、予測期間に最高CAGRを記録する見込である。病院でコンピュータビジョンソリューションの採用増、病院のオペレーション改善のために企業がAIやコンピュータビジョンツールの開発にますます取り組んでいることが、このエンドユーザセグメントの成長を後押ししている。

北米がヘルスケア市場のコンピュータビジョンで優位を占める
 北米は、2018年ヘルスケア市場におけるコンピュータビジョンの最大シェアを記録した。北米市場の大きなシェアは、病気診断のイメージング法の増加、個人化医療普及増、ヘルスケアにおけるAIベースソリューション普及への政府の政策強化などによるものである。ヨーロッパは、2018年ヘルスケア市場におけるコンピータビジョンで二番目に大きな規模だった。臨床試験向けR&DでAIベースツール採用増、ヘルスケア支出増、AIやロボット分野で技術開発促進に有利な政府の政策が、この市場成長の主要な原動力である。