All about Photonics

Business/Market 詳細

垂直農業市場、CAGR 24.8%成長で2022年に58億ドル

July, 9, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「垂直農業、成長メカニズム(水耕法、空中栽培、アクアポニクス)、構造(ビル基盤、運送用コンテナ)、提供品(ハードウエア、ソフトウエア、サービス)、作物タイプ、地域ごとの2022までのグローバル予測」によると、垂直農業市場は、2016-2022年にCAGR 24.8%成長で、2022年には58億ドルに達する見込みである。
 垂直農業市場成長を促進する要因に含まれるのは、殺虫剤を使用しない高品質食品、製造が天候にほとんど依存しないこと、都市人口の増加、作物の通年生産増加、環境への影響低減である。

水耕栽培メカニズムが2016-2022年の垂直農業市場で優位を占める
 水耕法は、土壌を用いない手段、水ベースの環境で植物を育てる技術。垂直農業では最も広範に利用されている成長メカニズム。気候の変動、土壌汚染、都市部の限られたスペース、最も重要な点は、十分に水が利用できないことなどのリスクに晒され、食糧生産不足になっている。食糧生産におけるこれらの欠点を克服する必要性が、今後、垂直農業市場の成長を後押しすると予測されている。

ビルベース垂直農業市場が予測期間に最高成長率
 廃墟における垂直農業が成長トレンドになっている。例えば、シカゴ「プラント」垂直農業は、廃墟の代替利用を提供している。新しいビルの建設も、垂直農業で利用されるようになっている。例えば多層垂直農業が既存駐車場付属になっている。そのようなプロジェクトの数が増加しており、今後垂直農業市場を後押しすると予測されている。

環境制御機器が垂直農業市場で最速成長ハードウエアセグメント
 屋内農場の環境制御は、収量増に重要な役割を担っている。保護された成育環境を保証するには、気候に影響を与えるいくつかの要素が上級レベルで制御される必要がある。完全密閉生育ファシリティは、ヒーター、冷却装置、空調ユニット、加湿器、除湿機、空気移動ファン、完全スペクトル人工照明、CO2強化、コンピュータ組込コントローラ、センサで屋内環境の全ての面を制御する。センサは、環境を連続的にモニタし、自動的に調整する。これらの要求が環境制御機器需要を後押しし、予測期間に垂直農業市場を強化する。

2022年までにAPACが垂直農業市場で最大シェアを獲得
 APACにおける垂直農業市場は、人口増と肥沃な土地が限られているため、2022年までに最大市場シェアを獲得する見込みである。日本、シンガポール、台湾、他の技術的に進んだ国々に、この地域の市場を後押しする、多くの農場がある。日本は、重要な国々の一つで、150を超えるプラントファクトリが、運用形式の人工照明を備えている。