All about Photonics

Business/Market 詳細

LiDAR市場、CAGR 17.2%成長で2024年に18億950万ドル規模

June, 17, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の調査レポート「LiDAR市場、タイプ(メカニカルLiDARと固体LiDAR)、インストレーション(空中および地上ベース)、アプリケーション(コリダマッピング、ADAS&無人自動車、エンジニアリング)、距離、コンポーネント、サービスおよび地域ごと、2023年までのグローバル予測」によると、LiDAR市場は、2018年の8億1910万ドルから、予測期間にCAGR 17.2%で、2023年には18億950万ドルに達する見込である。
 LiDARは、光検出と測距(light detection and ranging)の頭文字である。LiDARは、飛行時間(TOF)原理に基づいて動作する。システムは、パルスレーザの形式で、光波、光源を使い、対象物間の距離を計測する。計測距離を通じて、LiDARは、人の眼や写真測量法では自然に見えない地形、地表面の3Dマップを形成する。LiDARには、レーザスキャナ、特殊GPSレシーバ、高精度クロックがコンポーネントとして含まれている。

固体LiDAR市場は2018-2023に最高CAGR
 固体LiDAR市場は、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。予測期間中、固体LiDAR市場の相対的に高いCAGRは、自動車やロボット産業で、このタイプのアプリケーション範囲が拡大しているためである。固体LiDARシステム、特に自動車産業向けに導入された。これらのLiDARシステムは、低コストのために、エコノミーカーにもインストール可能である。

インストレーションでは、地上ベースLiDARが最高率で成長
 インストレーションベースで、地上設置LiDARが、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。地上設置LiDARシステムは、狭い範囲のスキャニング、コリダマッピング、容積測定マッピング、防衛範囲測量を含むアプリケーションで用いられる。可動(モバイル)地上設置LiDARが多くのアプリケーションで使われる新しい技術。例えば、コリダマッピング、輸送、水文地質学、森林管理や建設。可動地上設置LiDARシステムは、モバイルプラットフォーム、地上車に乗せられる。車輌搭載の利点は、LiDARが、道路でアクセスできる広い範囲をスキャンできることである。自動車分野は、可動地上設置LiDARシステムのアプリケーション領域として登場してきており、先進的ADASを装備した高級車の数が毎年、増加している。これは、可動地上設置LiDARシステム市場をさらに押し上げると見られている。

2018年、北米がLiDARの主要シェアを維持
 北米が、予測期間にLiDARで優位を占める見込である。この成長は、政府の政策的支援、多様なアプリケーション向けに様々な研究機関のLiDARシステム利用の増加によるものである。例えば、コリダマッピング、森林管理、環境、探査、またADASや都市計画を含む新興アプリケーションなど。簡単な機能、優れた品質、低い複雑性、改善された特徴を含む、LiDARシステムの利点に関する関心の高まりが、米国では、LiDAR市場の成長の主因となり得る。加えて、Trimble, Faro, Velodyneなど米国基盤の主要な会社がある。これが、LiDAR市場におけるUSの大きなシェアの要因である。