All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティングフィラメント市場、2023年に44億ドル

May, 29, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dプリンティングフィラメント市場、タイプ(プラスチック、金属、セラミックス)、最終利用産業(航空宇宙&防衛、医療&歯科、自動車、エレクトロニクス)、地域(北米、ヨー炉唾、APAC、MEA、南米)ごと2023年までのグローバル予測」によると、市場は、2018年に13億ドル、2018-2023年にCAGR 27.1%成長で、2023年には44億ドルに達する見込である。市場の主要な成長原動力は、様々なエンドユース産業でアプリケーションの増加、政府の投資、開発途上諸国における3Dプリンティング技術についての認識の高まりである。

プラスチック材料タイプが、予測期間に市場をリードする見込
 タイプベースでは、3Dプリンティングフィラメント市場は、プラスチック、金属、セラミックスとその他に分かれている。中でも、特性とそのコスト効果のために、プラスチックが最も多く消費されている。プラスチックは多くの最終利用産業で多様なアプリケーションに広く用いられている。金属フィラメントセグメントは、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。インドなど、様々な開発途上国におけるプラスチック禁止が、3Dプリンティングフィラメントの成長で大きな制限要因となる。

航空宇宙&防衛が金額で最大のエンドユース産業
 エンドユース産業に基づいて、3Dプリンティングフィラメント市場は、航空宇宙&防衛、医療&歯科、自動車、エレクトロニクスおよびその他に分けられている。これらの中で、航空宇宙&防衛セグメントが、世界の3Dプリンティングフィラメント市場をリードすると予測されている。3Dプリンティング技術の増え続けるアプリケーション領域と、ボーイングの10年相当の未充足需要が3Dプリンティングフィラメント需要増につながると見られている。航空宇宙産業におけるこのプラス成長は、予測期間に3Dプリンティングフィラメント市場の成長を後押しすると見られている。

北米が、金額で3Dプリンティングフィラメントの最大コンシューマ
 地域毎では、3Dプリンティングフィラメント市場は、北米、ヨーロッパ、アジアパシフィック、中東&アフリカ、南米に分かれる。中でも、北米が、予測期間に3Dプリンティングフィラメント市場をリードすると予測されている。加えて、様々な発展途上諸国で3Dプリンティングフィラメントについての投資と認識増が、市場の成長を促進すると予測されている。APACの3Dプリンティングフィラメント市場は、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。