All about Photonics

Business/Market 詳細

光波長サービス市場、2023年に49億ドル

May, 7, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「光波長サービス市場、帯域(10Gbps以下、40Gbps、100Gbps、100Gbps以上)、アプリケーション(SONET、Ethernet、OTN)、インタフェース(ショートホール、メトロ、ロングホール)、組織規模、地域毎、2023年までの世界予測」を発表した。
 光波長サービス(OWS)世界市場規模は、2018年の33億ドルから予測期間にCAGR 8.5%成長で、2023年には49億ドルに達する見込である。OWSソリューション普及率は伸びると予測されている。高速インターネットや帯域集約アプリケーションの需要増、CAPEXやITリソースの最小化ニーズのためである。

インタフェース分野では、Ethernetセグメントが予測期間に最高市場シェア
 OWSでEthernetが最高市場シェアである、これはサーバ接続にとって割が良いオプションだからである。他のインタフェース、例えばOTNやSONETと比較すると、Ethernetは導入数が最大であり、最高のコストパフォーマンスを提供する。GbEがEthernetの拡張バージョンで、従来のEthernetの10倍の速度が可能である。波長サービスにより、高帯域ギガビットEthernetネットワーク接続の導入が促進される。

アプリケーションでは,メトロセグメントが予測期間に最大市場シェア
 データセンタ間の増え続ける帯域需要と接続性が、デバイス数でコンシューマ4K以上のビデオコンテンツやサービスが、メトロアプリケーション普及の主要原動力である。ほとんどのサービスプロバイダは、メトロアプリケーションに移行することで波長速度増を見込んでいる。

地域では北米が予測期間に最大市場規模
 北米が、OWS市場への主要な収益貢献者になると見られている。この地域における成長は、Zayo, Verizon, GTT, CenturyLink, and AT&Tなど有名なOWSプロバイダの存在が原動力である。さらに、同地域における、非常に多い光波長ソリューションプロバイダが健全な競争を作り出している。これは、将来のOWS成長に恩恵をもたらす。