All about Photonics

Business/Market 詳細

LiDAR市場、2024年に60億ドル

April, 25, 2019, Lyon--Yole Développementによると、LiDAR市場は、2018年に13億ドルに達した。
 Yoleは、LiDAR市場全体は、2024年に60億ドルに達すると予測している。自動車アプリケーション専用市場全体は70%を占める。高度な、また完全自動化されたドライビングが近い将来に実現されようとしている。低製造コストと新技術の出現によりLiDARは、自動車アプリケーション向けの主要コンポーネントになり、この市場は、2018-2024年にCAGR 64%で爆発的に成長するとYoleは予測している。

この動的状況で、Yoleグループの1企業、System Plus Consultingは、ValeoとIbeoが開発した画期的なレーザスキャナを徹底的に分析した。SCALAと名付けられたこのレーザスキャナは、両社の戦略的提携により開発された。どんな環境でも物体を特定し、距離を計測することができる機械的3Dスキャナレーザを提案するためである。このイノベーションは、ADASや自律走行機能を持つ車輌向けに設計されている。
「内蔵回転ミラーが、発光レンズを通した高出力レーザダイオードからのビームを屈折させ、集光レンズを通して戻り反射光を受光する。次に、3エレメントアバランシュフォトダイオード(APD)アレイが、その反射を捉える。このパルスの移動時間ToF計測により、システムは対象物の距離を確定できる」とSystem Plus Consultingのコスト分析担当、プロジェクトマネージャ、Sylvain Hallereau氏は説明している。
 ValeoとIbeoが選択したレーザは、Laser ComponentsのEELダイオード技術に基づいた高出力パルスレーザダイオード。3スタック活性層により、150nsパルス幅で75Wを出力する。レーザは、CANパッケージで提供される。同時に、ToFは、First Sensorが開発したAPDアレイで計測される。同社は、シリコンベースデバイスを提案している。ガラスウインドウの低コストPCBパッケージでアセンブリ可能である。2つの光コンポーネントは、同じPCBボード上にアセンブリされる。
System Plus ConsultingのSCALAリバースエンジニアリング&コストレポートは、完全分解分析である。これには、BOM、製造コスト、販売価格見積が含まれる。また、レーザ vs.オードやAPDの完全な物理的分析も含まれている。
(詳細は、http://www.yole.fr/)