All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートストリート照明の販売額、10倍に成長し2016年に17億ドル

April, 24, 2019, London--ABIリサーチ「スマートストリート照明」市場データレポートによると、スマートストリート照明の年間売上はCAGR 31%で成長して、2026年には17億ドルに達する見込である。
 ストリート照明計画は、今日、さらに今後数年、従来の電球をLED電球で置き換えることに焦点を当てている。しかし。LED街路灯のわずか20%が、照明制御システムを統合した真に「スマート」である。この不均衡は、2026年までにゆっくりと是正され、中央管理システムが全ての新しい街路灯インストレーション2/3以上を接続する。
 「スマートストリート照明ベンダ、Telensa, Telematics Wireless, DimOnOff, Itron, および Signifyなどは、コスト最適化された製品、市場専門技術、積極的な商用アプローチから恩恵を受けることに成功している。また、スマートシティサプライヤーにはさらなる機会がある。街灯ポールを活用してワイヤレス接続インフラ、環境センサ、インテリジェントカメラまでホスティングできるからである。問題は、マルチセンサソリューションをコスト効果良く大規模導入を促進する実行可能なビジネスモデルを見つけることである」とABIリサーチ主席アナリスト、Adarsh Krishnanはコメントしている。
 採用が最も多いスマートストリート照明アプリケーションは、(優先順位で)季節的変化、タイムシフト、あるい特別な社会的イベントに基づいた調光プロファイル遠隔スケジュリング、正確な利用に基づいた課金のために個々の街灯エネルギー消費の計測、保守計画改善のための資産管理、最後に、センサベースの適応型照明。
 地域的に、ストリート照明導入は、最終市場要件とともに、ベンダや技術アプローチに特徴がある。2018年、北米がスマートストリート照明でトップであり、世界のインストールベースの31%を占めた。これにヨーロッパ、APACと続く。ヨーロッパでは、非携帯電話LP WAN技術が今日のスマートストリート照明で高いシェアであるが、セルラLP WAN技術に幾分かの市場シェアを譲ると考えられている。特にNB-IoTベースエンドデバイスが、Q2 2020に市場でもっと利用できるようになる。
 2026年までにAPAC地域がスマートストリート照明のインストールベースが最大になり、世界的導入の1/3以上を占める。この成長は、中国とインドによるものであり、両国ともLED街路灯の新製品追加導入に意欲的であるばかりか、電球コストを下げるために現地LEDコンポーネント製造工場を建設している。「インドと中国では、LED街路灯は照明制御システム採用が非常に低い、これは初期の国内ソリューションベンダ・エコシステムのためである。また、国際ベンダが、画期的であるが低コスト製品の現地市場要求にソリューションを適合できないためでもある」とKrishnanは分析している。ノンセルラLP WAN技術に続くセルラLP WAN技術ベースのローコストソリューションは、APAC地域では最高成長と見られており、2026年全インストールベースで、それぞれ36%、48%となる。
(詳細は、https://www.abiresearch.com/)