All about Photonics

Business/Market 詳細

ファイバオプティクス市場、CAGR 4.6%で2025年に91億ドル

April, 11, 2019, San Francisco--グランドビューリサーチ(Grand View Research, Inc.,)のレポートによると、世界のファイバオプティクス市場規模は、予測期間にCAGR 4.6%で成長し、2025年には91億ドルに達する見込みである。安全なインフラストラクチャ開発のために政府の資金提供が採用を促進すると見られている。
 増加するテロリズムが、様々な国の政府当局や防衛を動かし、そうした事件を抑制するために率先して厳しい措置に踏み切る。これは、ボディカム、ウエアラブル、他の応答装置の進化と採用に行き着く。これらは、ユーザの位置やユーザの通信用ファイバオプティクスに関わらず、警備担当者の接続を維持する。Internet of Everything (IoE)は、その技術の効果と効率についての認識が高まっていることから、治安部門を引きつけている。反乱、大量殺戮、他の犯罪など、国家的な問題の抑制に役立つ技術と見なされている。IoE需要増とともに、効率的にデータを伝送できる高速インターネットの必要性が拡大すると見られている。
 通信分野におけるファイバオプティクス技術の成長展望は有望視されている。通信やデータ伝送サービスで、その採用が拡大しているからである。ファイバオプティクスは、短距離、長距離通信の両方で、高速データ伝送サービスを可能にする。また、ファイバオプティクスは、ブロードバンドサービス、ネットワークオペレータ、ブロードバンド接続プロバイダに関連して、増え続ける帯域需要に対処する手段として役立つ。配線ケーブル、幹線ケーブル、高密度インタコネクトケーブル、標準パッチコードにおけるファイバオプティックコンポーネント導入増は、通信分野からの需要を高めると予測されている。
 また、高い初期取得および導入コストがファイバオプティクス市場の成長を制約している。光ファイバシステムは、光ケーブル、送信器、受信器など、様々なコンポーネントで構成されている。システム全体の導入は、労働集約的なプロセスであり、特に地下や海底接続向けのネットワーク敷設は、最もコストがかかり、労力を必要とする作業の一つである。ファイバオプティクスは、その進歩にともない、銅線ケーブル伝送を追い越した。しかし、光ネットワークの敷設プロセスは、極めて高価な部分であり、市場の成長を制約するとみられている。

調査の要点
・米国、UK、ドイツ、中国、日本のような先進諸国の政府は、全国レベルで安全インフラストラクチャに巨額投資をしている。これは、最終的には、技術への財政支援を強いるようになり、最終的には、安全対策改善による通信分野のインフラストラクチャを強化するファイバオプティクスへの投資となる。したがって、政府のインフラストラクチャ投資が、市場を牽引する。
・プラスチック光ファイバ(POF)セグメントは、予測期間にCAGR 7.0%で拡大する見込みである。POFは、SMF、MMFとは、コアに使用される材料が異なる。SMF、MMFはガラスコアであるが、POFはポリマコアである。これは、コスト削減とともに、動的なアプリケーションポートフォリオを提供する。
・市場プレイヤーは、画期的な提供品により製品ポートフォリオを多様化しようとしている。2018年、Corningは、新製品Corning TXF Optical Fiberを発売した。これは、より長いスパン、伝送距離拡大により高速データ伝送を可能にする。狙いは、ネットワークの柔軟性を改善し、ネットワークコスト低減である。
(詳細は、https://www.grandviewresearch.com/)