All about Photonics

Business/Market 詳細

産業用/商用LED照明世界市場、2025年に393億8700万ドル

April, 10, 2019, Portland--アライドマーケットリサーチ(AMR)のレポート「産業/商用LED照明市場、製品、アプリケーションおよびエンドユーザごとのグローバル機会分析と産業予測、2017-2025」によると、グローバル産業/商用LED照明市場は、2017年に90億6000万ドル、2018-2025年にCAGR 19.9%で成長し、2025年には393億8700万ドルに達する見込みである。

LEDは、電気エネルギーを光エネルギーに直接変換する半導体光源である。出力範囲は、ブルーバイオレット(400nm程度)から赤(700nm程度)。LEDsの中には、赤外発光(IRED),IRエネルギーを発光するものもある。830nm以上または同等の波長である。LEDは、Nタイプ半導体とPタイプ半導体の2つの材料で構成されている。これらは直接接触しP-Nジャンクションを形成する。

産業/商用LED照明市場には大きな潜在性がある。現在のビジネスシナリオでは、産業/商用LED照明の需要は増加しており、特に発展途上地域で増加している。さらに、この業界の企業は、様々な画期的技術を採用して、顧客に先進的、画期的製品を提供している。

APACが、産業用/商用LED照明世界市場で優位を占めている。これは、多数のメーカーがこの地域に存在し、現地のメーカーが、市場での成長機会が多いためである。さらに、低消費電力照明ソリューション需要激増により、産業用/商用LED照明市場の有名プレイヤに十分な機会がある。インドや中国など、APACのいくつかの国々は,従来の白熱電球、蛍光灯電球/チューブの段階的消失を狙っており、それらをLEDsで置き換えようとしている。これらの要素が、APACの産業用/商用LED照明市場に有利な機会を作り出している。

調査結果の要点
・製品では、2017年にLED電球サブセグメントが、世界の産業/商用LED照明市場で最高販売額を記録。
・2017年、室内照明サブセグメントが,アプリケーションセグメントで最高販売額を記録した。