All about Photonics

Business/Market 詳細

垂直農業、CAGR 21.3%成長で2025年に99億6000万ドル

April, 10, 2019, San Francisco--グランドビューリサーチのレポートによると、世界の垂直農業市場規模は、2025年に99億6000万ドルに達する見込みである。予測期間にCAGR 21.3%で拡大する。
 作物生産へのIoTセンサ利用増が、予測期間に市場需要を促進すると見られている。センサから得た情報をクラウドに蓄積し,分析して必要な活動を行う。農業におけるオートメーションの成長、ビッグデータの利用増、収量最大化のための予測分析も市場拡大の原動力となりそうである。

垂直農業は、悪天候条件でも、作物の生産と信頼性維持で安定性確保に効果的がある。水の使用削減、農薬の必要性低減、農業労働への低い依存性など従来の農業技術に対して垂直農業は多数の利点がある。垂直農業は、金属反射板や人工照明を利用して、自然の太陽光を最大化する。

遺伝子組換え生物、農業生産促進に使用される殺虫剤や非自然物質の環境や健康への影響は、消費者の有機食品利用を促進する。Organic Trade Associationによると、米国の有機産業販売は、2018年に約11%成長した。これは、インフラストラクチャと教育への投資増によるものである。1990年の有機食品生産法により有機食品を扱う人、生産者は、規制に適合する必要がある。

人工照明は、自然照明の数時間延長に役立つ。それは、植物の健康、生育速度、収量をさらに増やす。高圧ナトリウム照明やLED照明などの人工照明は、作物の安定供給を拡大する(シーズンを通して)。LED照明システムは、デュアルバンドカラースペクトルを生成し、発熱は低い。予測期間でLED照明は大きく伸びるとみられている。

水耕システムは,土壌なしで植物を育てる方法。水耕システムでは、殺虫剤や人工熟成剤が不要になり、栄養豊富な野菜の生産に役立つ。しかし、高い初期投資や作物の多様性不足などの要素が、市場の成長を制約する。

調査の要点
・生物医薬品の製造の増加が市場の成長を後押しすると予測されている。
・ビルを基盤にした分野が、予測期間で、収益がCAGR 23.6%と見込まれている。
・環境制御セグメントが、予測期間に高いCAGRと予想されている。作物の成長が、モニタリングやミネラル濃度によって制御可能になるからである。
・空中栽培セグメントが、予測期間に大きく伸びる見込みである。空中栽培は、(通常の条件で)植物の成長促進に寄与するからである。
・ヨーロッパ市場が予測期間に大きな成長が見込まれている。小規模および商用垂直農場が拡大するからである。