All about Photonics

Business/Market 詳細

microLEDディスプレイ世界市場、2025年に211億2900万ドル

April, 8, 2019, Maharashtra--Zion Market Researchは、「MicroLEDディスプレイ市場、パネルサイズ(小,中、大型)、アプリケーション(VRヘッドセット、ARヘッドセット、スマートフォン、スマートウオッチ、タブレット、TV、ラップトップ、HUD、デジタルサイネージ)、および業界(自動車、家電、航空宇宙&防衛、広告、その他)毎の業界展望、包括的分析、2018-2025予測」を発表した。
 同レポートによると、世界のMicroLEDディスプレイ市場は、2018年に2億7200万ドル、2019-2025年にCAGR 86.4%をわずかに上回る成長で、2025年には約211億2900万ドルに達する見込みである。
 microLEDアレイにより無敵のコントラストとエネルギー効率を提供する新しいフラットパネルディスプレイは、microLEDディスプレイと言われている。GaN技術の原理に基づいて動作しており、傑出した輝度、OLEDディスプレイよりも遙かに優れた輝度である。microLEDディスプレイは、従来のOLEDディスプレイと比べると30倍高輝度で揺るぎない効率を提供する。microLEDディスプレイの他の優位性には、優れたコントラスト、コンパクトなディスプレイサイズが含まれ、応答時間もOLEDディスプレイに勝る。
 microLEDディスプレイの世界的な商用化は、まだ初期段階にある。より高輝度でエネルギー効率のよいディスプレイに対する高まる要求が、予測期間にmicroLEDディスプレイ市場の成長を後押しすると見られている。非常にコンパクトサイズで優れた視野角のmicroLEDディスプレイ需要は、現在ピークにある。高いピクセル解像度と無敵のエネルギー効率のさらなる高輝度画像を提供するからである。世界のディスプレイメーカーは、全般的なコンシューマエクスペリアンス改善のために、MicroLEDソリューションを選択すると見られている。加えて、microLEDディスプレイの高普及率は、高いピクセル解像度と優れた画像品質によるものである。さらに、ディスプレイサイズ縮小に対する終わることのない要求が、特にMicroLEDディスプレイ市場に向かっている。とは言え、フレキシブルで折り畳み可能なディスプレイ技術に対する高まる需要が、ある程度、microLEDディスプレイ市場の妨げになる可能性がある。
 世界のmicroLEDディスプレイ市場は、パネルサイズ、アプリケーション、産業に基づいて分割されている。パネルサイズでは、microLEDディスプレイ市場は、主に小 [<10.5”]、中[10.5”–65”]、および大型 [>65]に分けられる。アプリケーションでは、市場は、VRヘッドセット、ARヘッドセット、スマートフォン、スマートウオッチ、タブレット、TV、ラップトップ、HUDおよびデジタルサイネージに分けられている。商用化が進むため、MicroLEDスマートウオッチセグメントが今後急成長すると見られている。業界では、市場は、自動車、家電、航空宇宙と防衛、広告およびその他が含まれる。家電セグメントが、この先数年で突出したシェアを占めると予測されている。スマートウオッチ、スマートフォン、タブレットでmicroLEDディスプレイ需要が高まるからである。
 地域的には、APAC microLEDディスプレイ市場が、今後数年で急成長すると予測されている。同地域には、有名な市場への貢献者があり、インドや中国などの新興経済圏では、従来のLED照明をMicroLEDディスプレイ照明で置き換えているためである。
(詳細は、https://www.zionmarketresearch.com/)