All about Photonics

Business/Market 詳細

ルーメンタム、OclaroJapanの光トランシーバ製造ラインをCIGに売却

March, 13, 2019, Milpitas--Lumentum Holdings Inc. (“Lumentum”)とCambridge Industries USA, Inc., その親会社Cambridge Industries Group. (“CIG”)は、戦略的合意と提携を発表した。この合意により、CIGは、Lumentumから一定の光トランシーバ製造ラインを取得し、Lumentumへのフォトニックチップ長期的供給契約を締結する。CIGが買収するトランシーバ製造ラインは、Lumentumの子会社、Oclaro Japan, Incが開発、製造する。

LumentumのシニアVP/ジェネラルマネージャ、データコムは、「この取引により、Lumentumは、差別化されたInPフォトニックチップに商業的に一段と集中し、好位置にある新規顧客がデータコムトランシーバ市場で対抗できるようにする」と話している。
 CIG社長/CEO、Gerald Wongは、「今回の買収、Lumentumとの継続的な提携による同社の業界トップのフォトニックチップ供給、CIGの実証済みの品質、量産JDMおよびODM能力が一体となって、CIGは、業界トップの光トランシーバ製品と技術で自社の可能性を拡大することができる。これにより多くの年来のTier1顧客に、幅広く10G、25G~400Gまでの製品を提供する」とコメントしている。「CIGのコスト効果の優れた量産製造と、高性能データコムおよびテレコム伝送で数十年の経験を持つLumentumの日本チームとを統合することで、データコム、テレコムのクライアントサイドトランシーバ市場の顧客ニーズに対処できる好位置にある」と同氏は話している。
 取引は、2019年暦年第2四半期に完了し、この種の取引の慣例的手続きにしたがう。
 提案された取引で販売される製品に起因する収益は、Lumentumが2019年第3会計四半期ガイダンスあるデータコム収益5000万ドル~5500万ドルの約2000万ドルとなる。
(詳細は、https://www.lumentum.com/)