All about Photonics

Business/Market 詳細

25GbEコンソーシアム、50/100/200GBE HPC低遅延仕様

March, 6, 2019, Santa Clara--25ギガビットEthernetコンソーシアムは、50Gbps、100Gbps,および200Gbps Ethernetネットワーク向け低遅延FEC仕様の利用可能を発表した。
 高遅延は、HPC、データセンタインタコネクト(DCI)、マシンラーニング、金融取引などのアプリケーションで、性能重要視ネットワークの問題である。低遅延FECの利用により、高速Ethernetは、これらのアプリケーションに最適化される。特にHPCネットワークでは,他のインタコネクト技術が、Ethernetよりも優れているからである。
「5年前、HPC開発者だけが低遅延を問題視していたが、今日では、遅延感度が問題となる主流のアプリケーションが増えている」と25G Ethernetコンソーシアムの技術ワーキンググループチェア、Rob Stoneは話している。「この新しい仕様により、コンソーシアムは、パケット処理遅延の単一最大源を改善している、つまりこれらのアプリケーションでは高速Ethernetの性能が改善されるのである」。
 FECは、スイッチネットワークでは遅延の主要源である。新しい仕様は、FECの遅延を約半分にカットした。これは、全般的な物理層遅延に大きな影響を与える。特に多数のノードで構成され、サーバ間に多数のホップがあるハイパースケールデータセンタネットワークでは顕著である。
 新しい仕様によりNEMsは、運用で短縮コードワードFEC変形 – RS (272, 257+1, 7, 10)を使うことができる。これは、IEEE 802.3cdおよび 802.3bs標準FECを置き換えるものである。
 短縮コードワードは、元の仕様544×10bitシンボルではなく、272×10-bitシンボルを持っている。新しいFECでは、エンコーダ出力からFECレーンのシンボル分散処理以外は何も変わっていないが、その処理は短縮コードワードにより、一段と素早く実行される。
「標準値が拡張され、マルチベンダ製品相互接続とエコシステムを保証するようになる」と25G Ethernetコンソーシアムのマーケティングチェア、Tim Lustingは話している。「仕様適合と相互接続性を保証するために、今後プラグフェストでテストが行われる。これは、コンソーシアムが、ニューハンプシャ大学相互接続性ラボラトリ(UNH-IOL)で定期的に行っているテストである」。
 元のFEC標準は,データ完全性を最大化し、伝送中に失われたり破損したデータパケット再送を最小化するように設計されている。新しいFEC標準を利用するコンソーシアムのシミュレーションでは、銅線ケーブル長2メートル、光ケーブル長30メートルがサポート可能である。高いデータ完全性を保証するために、コンソーシアムは、新しいFECが設計通りのデータ接続でのみ使用されるように推奨している。

仕様は,スイッチチップメーカー実装用に入手可能である。
(詳細は、https://25gethernet.org/)