All about Photonics

Business/Market 詳細

2018年フォトニクス調査レビュー、主要セグメントのハイライト

March, 4, 2019, Wellesley--BCCリサーチのレポート「2018 フォトニクス調査レビュー」によると、徐々にフォトニクスが電気導体を置き換えつつある。さまざまな産業で高性能、高効率画像、ディスプレイ取込の必要性がますます緊要になっているからである。
 BCCリサーチは、ファイバオプティクス、光無線通信(OWC)、VCSEL、超高速レーザを含むフォトニクス市場のさまざまなセグメントで専門家が見る定量的データやトレンドのサンプリングを提供している。

レビューのハイライト
・世界のファイバオブティクス市場では通信産業が予想外の急激な成長を経験しており、その結果、高帯域需要が、コンシューマの間でとどまるところを知らない状態となっている。
・VCSELは、今後数年、光通信市場で卓越した光源とみなされている。2022年までに光データ通信アプリケーションは、グローバル市場シェアで8億800万ドルに達すると予測されている。
 VCSELレーザ市場は、2017年に16億ドル、2017-2022年にCAGR 17.6%成長、2022年には36億ドルに達する見込みである。
・OWCシステム需要は、次の5年は健全なペースで成長すると見られている。これはインターネットユーザ数の増加、ワイヤレス通信需要、進んだLEDsやレーザ技術の開発および他の要素によるものである。
・超高速レーザ市場は、2017年の27億ドルから、CAGR 24.7%成長で、2022年には81億ドルに達する見込みである。これは、比類のない高強度、利用中の最小エネルギー損失によるものである。
・世界のファイバオブティクス市場は、2017年に32億ドル、2017-2022年にCAGR 9.4%成長で、2022年には50億ドルに達する見込みである。