All about Photonics

Business/Market 詳細

積層造形(AM)システム、2030年に2兆ドル規模の生産

March, 1, 2019, New York--毎年出荷される製造対応積層造形(AM)プラットフォーム数が2030年までに10倍以上に増加する。構造的、ミッションクリティカル商用アプリケーションでAM技術の利用が結実するからである。
 ABIリサーチのレポート「積層造形市場トラッカー」によると、これらのシステムは、毎年3600億ドルを超える規模の部品や最終製品を製造するが、次の10年の末には金額は2兆ドル程度になると予測されている。
 「積層造形(AM)はプロトタイプから製造市場に大々的に移行しつつある」とABIリサーチの主席アナリスト、Ryan Martinは説明している。「新しい一連の技術が急に出現し、さまざまな構築プラットフォームサイズで正味寸法の部品を造る、これによりAMが競合するアプリケーション範囲全体が広がり、最終的に勝利する。デジタルおよび物理的製造システムの組込みはハイブリッド製造モデルをともなう、つまりより高度な自動化、ジュストインタイム、オンデマンド供給となる」。
 「3Dプリンティング」は、30年以上前から特殊な航空宇宙、医療アプリケーション(義肢、補聴器、歯科インプラント)で利用されてきた。最新のイノベーションは、全く異なる種類である。3D Systems、EOS、やStratasysなどのスペシャリストOEMがまだ混在しており、市場保有期間があり、広範な企業やアプリケーションに信頼性があることから、先頭に立っているが、Carbon、Desktop Metal、Digital Alloys、およびMarkforgedなど、真摯に受け止めるべき、多くの新興プレイヤーも存在する。ExOne、GE AdditiveやHP(2020年に金属JET製造システムの出荷を計画)は中間の別の段階にあるが、航空宇宙&防衛(商用航空を含む)、自動車、消費材、機械(工作機械を含む)での突発的成長により、勝者の予想がつかない闘いになっている。
 自動車産業は、2030年の予測では、積層造形製品の価値は、世界最大1480億ドルに達する見込みであるが、その直ぐ後に機械市場があり、これらの数字は国毎に異なる。米国は現在、AM製品価値で市場をリードしているが、現在の条件では2029年には中国に追い越される。
 「積層造形により、製造は、製品が販売され利用される場所に近接する。サプライヤにとっては、製造ニーズに最適な優先順位、時宜性、プロセスをより適切に決定できることになる」とMartinは結論づけている。
(詳細は、https://www.abiresearch.com/)