All about Photonics

Business/Market 詳細

光ファイバ融着接続機市場予測

February, 25, 2019, Aptos--ElectroniCast Consultantsは、2018-2028年をカバーする光ファイバ融着接続機世界市場レポートを発表した。
 融着接続機は、光ファイバを相互接続するために使用する特殊な装置。一般的な融着法は、アーク融着接続。これは、電気アークでファイバ端を溶かして接続する。今回の市場レポートは、様々な光ファイバベース通信アプリケーション毎の融着接続機利用予測となっている。通信、プライベートエンタプライズネットワーク、CATV、軍/航空宇宙、特殊アプリケーション。
 通信/マルチメディアは、昨年、光ファイバ融着接続機世界消費のシェアは69.5%だった。消費額は、2018年に3億190万ドルに達した。光ファイバプライベートエンタプライズ導入のための電気配線と通信配線コントラクタの融着接続機年間利用は、2023年まで着実に増加すると予測されている。LANsの光ファイバ利用の他に、LAN-to-LAN(キャンパス) へのファイバケーブル導入、データセンタ(DCs)、様々なワイヤ/ハイブリッド光ファイバケーブル導入が急速に融着接続機の際立つユーザになってきている。
 大中華圏(中国本土、香港、マカオおよび台湾)は依然として、APACで融着接続機の中心的ユーザにとどまると予測されている。アジア太平洋地域は、相対的市場シェアが増加する見込みである。原動力は、同地域諸国が、光ファイバをFTTBなど、ドロップエリアまで近づけるとともに、モバイル/ワイヤレス機器(光ファイバ)インフラストラクチャの距離と密度容量拡大である。
 昨年、マイクロ/ハンドヘルドタイプよりも平均販売価格が高いベンチトップ融着接続機が、多芯つまりリボンタイプ光ファイバ融着接続機の世界的消費額の70%以上を占めた。しかし、数量では、マイクロ/ハンドヘルド固定アライメント(クラッドアライメント)融着接続機は、2018年、単芯スプライサで市場シェアでトップに立った。
(詳細は、https://www.electronicastconsultants.com)