All about Photonics

Business/Market 詳細

新しい太陽電池技術世界市場、2023年に23億ドル

February, 8, 2019, Wellesley--BCCリサーチのレポート「新しい太陽電池技術:グローバル市場-CIGSに注目」によると、2018年、太陽電池技術世界市場は、19億ドルだった。BCCリサーチは、今後CAGR 3.6%で、2023年には23億ドルに達すると予測している。
 高い変換効率が見込めること、軽量、新しいアプリケーション、機械的柔軟性が高く脆弱性が少ないことから、新しい太陽電池技術のグローバル市場は、再生可能エネルギー分野で非常に知名度が高い。

調査のハイライト
・市場規模予測では、新しい太陽PV技術の導入は、2023年までに6.7GWを超える。
・2017年、First Solar Incは、世界で1GWを超えるCdTeモジュールを導入した。
・この市場は安定しており成長している。太陽PV導入が、建物組込太陽電池(BIPV)、建物適用PVシステム(BAPV)などのニッチアプリケーションに徐々に拡大した結果である。また、軽量な屋根の上面、ポータブルエレクトロニクス、コンシューマ製品、航空宇宙や軍事などの市場にも導入されている。新しいPV技術には新たなチャンスが開かれつつある。

 調査レポートは、「新しい太陽PV技術太陽PV産業の不可欠の部分になった」と指摘している。「新しい太陽電池技術は、大幅に製造コストを下げる可能性があり、カーボンベースの燃料など伝統的な発電源から発電される系統電力、また他のタイプの単結晶や多結晶シリコンモジュールなど伝統的な太陽PV技術に対して高い競争力を持つ可能性がある」とレポートは分析している。