All about Photonics

Business/Market 詳細

ヒューマンセントリック照明市場予測

February, 5, 2019, Aptos--ElectroniCastによると、ヒューマンセントリック照明(HCL)市場で採用されたモジュール/デバイスの利用は、2019年には前年比で38%増となる見込みである。
 ElectroniCast Consultantsは、主目的、当初判断でヒューマンセントリック照明(HCL)で主に使用されるLED光エンジン、照明管理LEDドライバ制御インタフェースモジュール/デバイス(DALI, DMX,他)、照明センサ、スイッチ、調光ユニットおよび他の制御ユニットの利用予測を発表した。
 ヒューマンセントリック照明、バイオダイナミック照明あるいは概日照明とも言われている、HCLは照明設計の進化における次の発展段階である。HCLは、昼光の自然色を真似ることを目的にしている。これが、メラトニンやセロトニンの生成を刺激する。これらは、24時間サイクルで、身体的、精神的、行動の変化をコントロールする。主に人の明るさ、暗さに反応する、つまり概日リズムに反応する。別の考えでは、季節性情動障害(SAD)、これは季節的な鬱病、冬期鬱病の形態である。SADを患う人々は、情動の変調や鬱病に似た兆候を経験する。
 2018年、HCLに採用されたモジュール/デバイスの世界的消費額は、6億1760万ドル、予測では2019年は38%増、8億5090万ドルに達する見込みである。
 この調査は、特定のHCLモジュール/デバイス利用の10年(2018-2028)予測と分析である。用途は、オフィス/仕事場、小売店/ショッピング、教育/学校、病院、ヘルスケアおよび他のアプリケーション。
 ElectroniCastのレポートによると、固体照明(SSL)製品自動組立や試験製造工程により量産が可能になる。さらに、次の数年でHCLの平均販売価格(ASP)が下がる。これは生産効率、歩留まり向上(品質制御による)、競争(市場と技術の両方)、マーケティング/販売流通の改善および他の要素の結果である。
 HCL導入の先行者、ヨーロッパ、中東、アフリカ地域(EMEA)が、現在この市場調査で定量化したモジュールとデバイス利用で市場リーダー(市場シェア57.6%)。しかし、アメリカ地域とAPACのほうが、次の10年で年間成長率は高いと予測されている。