All about Photonics

Business/Market 詳細

製造市場における人工知能(AI)、2025年に172億ドル

February, 1, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の市場調査レポート「製造市場における人工知能、提供法(ハードウエア、ソフトウエア、サービス)、技術(マシンラーニング、コンピュータビジョン、コンテクスト認識コンピューティング、NLP)、アプリケーション、地域ごと2025年までのグローバル予測」によると、製造市場人工知能(AI)は、2018年に10億ドル、2018-2025にCAGR 49.5%で、2025年までには172億ドルに達する見込である。

 市場は、様々な産業にわたり膨大な潜在性がある。たとえは、自動車、エネルギーと電力、製薬、飲食品など。ビッグデータの形式で利用できるますます大きく複雑になるデータセット、進化する産業IoTと自動化が、この市場の成長原動力である。コンピューティングパワーの改善とハードウエアコスト低減が、製造市場におけるAIを促進する他の要因である。

製造市場におけるAIソフトウエアが予測期間に最大市場シェア
 製造業AI市場ソフトウエアセグメントが、2018-2023に最大シェアとなる見込みである。IBM、Microsoft、SAP(ドイツ)、Siemensなど多くの企業が、様々な製造アプリケーション向けにソフトウエアソリューションを開発している。これは、ソフトウエアセグメントの成長を補完する重要要素である。さらに、市場のスタートアップの関与増加が、ソフトウエアセグメントの成長をさらに引き立てる。

コンピュータビジョン技術が予測期間に最高CAGR
コンピュータビジョン技術が予測期間を通じて最高CAGRが見込まれている。産業ロボット、品質制御、材料移動などのアプリケーションでコンピュータビジョン普及増が、製造AI市場でこの技術の成長を推進している。Siemens(独)、三菱電機(日本)は、製造工場でコンピュータビジョン技術を利用している。

APACが金額で製造市場AIをリード
 APACが、予測期間を通じて製造市場でAIの最大規模となる。自動車、エレクトロニクスや半導体企業とともに、中国や日本に存在する多くの製造業が、APACの製造市場におけるAIの成長を後押ししている。さらに、産業用ロボットの高い普及率が、APACの前述の市場の成長で重要な役割を果たすと見られている。