All about Photonics

Business/Market 詳細

仮想現実市場、2024年に447億ドル

January, 30, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の調査レポート「仮想現実市場、提供されるもの(ハードウエアとソフトウエア)、技術、デバイスタイプ(HUD、ジェスチャ追跡機器)、アプリケーション(コンシューマ,商用、エンタプライズ、ヘルスケア、航空宇宙&防衛)、地域毎2024年までのグローバル予測」によると、仮想現実(VR)市場は、2018年の79億ドルから、予測期間にCAGR 33.47%で、2024年には447億ドルに達する見込である。
 ゲームやエンタテーメントでのHMDsの普及、VR市場への巨額投資、技術の進歩と増加するデジタル化、手頃な価格のVRデバイスが、市場全体の成長を牽引する主因である。

予測期間中コンシューマアプリケーションがVR市場をリード
 VR技術は、ゲームやスポーツ放送に使われると、視覚効果に関して目覚ましい成果をもたらす。HMDs需要はコンシューマアプリケーションで高い。ゲームやスポーツ&エンタテーメントで利用されるからである。スポーツ(スキーや格闘ゲーム)でスマートグラスとしてHMDs利用が日々増加している。VRアプリ開発需要は、エンタテーメント分野で高い。これは、スポーツ放送、ソーシャルネットワーキングサイトからの情報収集などで、ユーザエクスペリアンス強化のためである。

コンシューマおよびヘルスケアアプリケーションでの利用増により、HMDsがVR市場をリード
 仮想現実HMDsは、ゲームプレイやエンタテーメント、ヘルスケア、小売やイーコマース、エンタプライズアプリケーションで主用途を見いだしている。VR HMDsは、患者への関与、患者の退院トレーニングで役立つ。VR HMDsは、患者のリハビリにも利用可能であり、VRゲームを通じて患者の心と行動の健康促進にも役立つ。ゲームやエンタテーメントとともに、小売やイーコマース分野のVR HMDsの利用が、予測期間にVR市場を牽引する。