All about Photonics

Business/Market 詳細

陸上レーザスキャニング市場、2023年までに44億ドル

January, 28, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の市場調査レポート「陸上レーザスキャニング(TLS)市場、ソリューション(TLSシステム、TLSサービス)、アプリケーション(ビルディング・インフォメーション・モデリング、測量、R&D)、タイプ(位相シフト、パルスベースおよびモバイルスキャナ)ごとの2023年までのグローバル予測」によると、市場は2018年に30億ドル、2018-2023の予測期間にCAGR 8.17%で成長して、2023年には44億ドルに達する見込みである。
 世界的な土地測量需要増、APACや中東のインフラストラクチャ産業でデジタル化要求の進行が、陸上レーザスキャニング市場の成長を後押しすると予測されている。

陸上レーザスキャニングサービスセグメントは、予測期間に最高CAGRで成長
 ソリューションベースでは、陸上レーザスキャニングサービスセグメントが予測期間に陸上レーザスキャニング市場をリードする見込みである。このセグメントは、石油&ガス、鉱業、インフラストラクチャ、林業&農業など様々なエンドユーザ産業へ提供されるサービスを含む。測量産業では、トータルステーション、プリズム、距離計、陸上レーザスキャナなど、様々なタイプの測定器具を用いて測量が行われる。
 陸上レーザスキャニング市場におけるビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)アプリケーションセグメントが、予測期間に最高CAGRで成長すると予測されている。
 アプリケーションベースでは、BIMセグメントが予測期間に最高CAGRで成長する。建築家や土木会社からの3Dスキャニング需要増加が、BIM需要増につながっている。陸上レーザスキャニングソリューションは、インフラストラクチャや資産の3D変形データを供給する。

APACが予測期間に最速成長の見込み
 APACは、予測期間に陸上レーザスキャニング市場をリードすると推定される。この市場の成長は、同地域の新規インフラストラクチャプロジェクトによってサポートされている。これにより、TLS測量に多くの機会が与えられる。