All about Photonics

Business/Market 詳細

アプリケーション多数UV殺菌装置市場、CAGR 16.2%成長

January, 21, 2019, Wellesley--BCCリサーチの「紫外(UV)殺菌装置: 主要アプリケーションと世界市場」レポートによると、規制支持拡大、優れた効果、再利用可能性サポートと無塩素オペレーションにより、UV殺菌装置の世界市場は拡大している。
 UV殺菌装置世界市場は、2018年に21億ドル、予測期間にCAGR 16.2%で成長し、2023年には44億ドルに達する見込である。
 
調査のハイライト
・UV処理の効果と用量分配処理装置の簡便さが、特に病院で空気処理にUV技術の着実な普及を後押ししている。
・廃水は引き続き、UV浄化の最速成長セグメントである、北米や西欧などの成熟市場が廃水処理システムに強い関心を示しているからである。
・UV技術は、最高品質基準にコスト効果の高い浄化を提供し、プロセス水に化学添加物を利用する必要がなくなる。このようなエンドユーザーでは、UVは製造プラント内でのプロセス水再利用を可能にする。排水の再利用は、地球の気候変化や水不足に直面して、ますます重要になっている。

 「ほとんどの公共、多くの私的プールや温泉は、厳しい水浄化基準、公衆衛生基準の指定の実行によって管理されている。とは言え、塩素は、圧倒的に利用されている浄化法である。塩素の弊害や副生成物、THMs、クロラミンに対する一般の関心の高まりが、UV浄化の利用増加につながっている」とレポートの著者、Shalini Ramamurthyは指摘している。