All about Photonics

Business/Market 詳細

危険防止レーザスキャナ市場、2023年に4億600万ドル

January, 10, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「危険防止レーザスキャナ市場、製品タイプ(モバイル危険防止レーザスキャナ、固定危険防止レーザスキャナ)、エンドユーザー産業(自動車、食品&飲料、ヘルスケア&製薬、コンシューマ製品およびエレクトロニクス)、2023年までのグローバル予測」によると、危険防止レーザスキャナ市場全体は、2018年の3億400万ドルから、CAGR 5.99%で2023年までには4億600万ドルに達する見込である。
 危険防止レーザスキャナは、機械の新規導入、機械の追加導入、工場、車輌利用でも、長期的にコスト効果の高いソリューションを提供する。したがって、スモールフォームファクタ、優れた使いやすさ、シームレスな統合、高い電力効率などの全体が、市場の全般的な成長に関係する。ヘルスケア&製薬エンドユーザー産業が、予測期間に最高CAGRを示すと見られている。加えて、モバイル危険防止レーザスキャナ市場は、普及が進むと予測されている。

2023年までのエンドユーザー部門で、ヘルスケア&製薬セグメントが危険防止レーザスキャナ市場で最大規模。
 ヘルスケア部門のレーザは、患者の危険防止とエクスペリアンス向上のために使用される。危険防止レーザスキャナは、製薬産業で広く利用されている。製薬は、薬剤の産業規模合成プロセスである。レーザベース危険防止スキャナは、製造工場の倉庫管理、パッケージング、物流操作で重要な役割をはたす。例えば、危険防止レーザスキャナは、産業利用では、自律モニタリング車輌、あるいは可動サービスロボットでも利用されている。製薬分野では、物流操作中の衝突防止に利用される。これらのスキャナは、受入エリアや手動倉庫エリアで利用されており、運搬や保管でも利用される。

仕事場での災害増加により、2018-2023年に危険防止レーザスキャナ市場はCAGR増加傾向
 金額で、全般的な危険防止レーザスキャナ市場は、2018-2023年にCAGR増となる見込である。この市場の成長の主因は、作業現場での災害増、Industry 4.0採用による自動化促進、製造現場での機械や作業員の危険防止性に対する関心の高まり。自動車、ヘルスケア&製薬、消費材、エレクトロニクスなど最終利用産業で、AGVsおよびAGCs採用が、危険防止レーザスキャナ市場の成長を促進する主因となっている。

2023年、APACが危険防止レーザスキャナ市場で最大規模
 APAC市場は、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。この成長は、APACにおける様々なエンドユース産業の製造工場急増によるものである。例えば、自動車、消費財&エレクトロニクスなど。ヨーロッパと北米が、次の主要地域。これらの地域は、予測期間に危険防止レーザスキャナ市場における大きな成長率が見込まれている。CAGRは、相対的に高い。さらに、政府の政策もこの地域における製造工場数増加に有利になっている。加えて、中国やインドなどの発展中の経済が、APACにおけるコンシューマエレクトロニクス市場に影響を及ぼしている。