All about Photonics

Business/Market 詳細

OsramとGaN Systems、LiDAR用超高速レーザドライバ発表

January, 7, 2019, Sunnyvale--オスラム(Osram Opto Semiconductors)とGaN Systemsは、LiDARシステム向け高出力、マルチチャネルSMTレーザ搭載超高速レーザドライバを発表した。OsramはLiDARレーザのリーダー、GaN Systemsは、GaNパワーセミコンダクタのリーダー。両社は提携して、より長距離、高分解能のLiDARアーキテクチャを可能にするレーザドライバ技術におけるブレイクスルー技術を開発する。
 Osramは、顧客ニーズに応えるためにLiDAR用レーザポートフォリオを継続的に拡張している。これには、40Aでピークパワーを120WとしたSPL DS90A_3が含まれる。チャネル数増は、各チャネルが120Wを出力できるため、視界とトータルピークパワーを拡大する。
 LiDAR技術の問題の一つは、ピークパワーを維持しながら、レーザの短パルス送達能力にあった。この点は、LiDARがロングレンジ、高分解能でアイセイフを保証するために必要である。このニーズに対処するためにOsramは、GaN Systemsと協力してパルス立上り時間1nsのレーザドライバを開発した。これは、全4チャネルを40Aで駆動しながら480Wピークパワーを供給する。このピークパワーは、新しいLiDAR設計のロングレンジで、低デューティサイクルで変調して、高分解能3D点群を生成できる。
 「ロングレンジLiDARに必要な高い電流レベルとナノ秒立上り時間での動作は、ハイパワー、高周期(HF)、ロバストな温度性能を必要とする。これらはGaN Systemsの製品の特質である」とGaN SystemsのCEO、Jim Withamはコメントしている。
 LiDARのスキャニングは、ADASにとって重要技術であり、ADASは、路上の安全を高め、自律運転を可能にするように設計されている。これらの電子デバイスは、貴重な数秒の反応時間を浪費することなく、衝突可能性に対して直ちに反応する。LiDARのスキャニングは、自動車周辺の高解像度3D画像を生成し、ADASあるいは自動運転車が、素早く障害を記録するので、衝突を回避するための自動制動など、適切な運転動作を開始することができる。
 「Osramは、自動車品質基準を満たすハイパワー、マルチチャネルSMTレーザの開発だけでなく、出現する技術障害に対処するためにGaN Systemsのようなエコシステムパートナーと協働している。これにより、自律走行車向けのLiDAR技術が可能になる」とOSRAMのシニアマーケティングマネージャ、Rajeev Thakurはコメントしている。
(詳細は、https://gansystems.com/)