All about Photonics

Business/Market 詳細

メタマテリアル世界市場、産業分野で急拡大

December, 21, 2018, Wellesley--BCCリサーチの「メタマテリアル: 技術と世界市場」レポートによると、2017年、商用メタマテリリアル市場は、製造、採鉱、コンクリート混練、沖合/海洋および発電アプリケーションに集中していたが、市場は2028年までにより多様なアプリケーション分野に広がると予測されている。これらのエンドユースアプリケーションに含まれるのは、ヘルスケア、エレクトロニクス/IT、通信、エネルギーおよび輸送など。
 BCCリサーチによると、メタマテリアル世界市場は、2018年に4憶4800慢ドル、2018-2023年にCAGR 32.0%で成長して2023年には18億ドルに達する見込みである。

調査のハイライト
・4G装置市場は、2017年に540億ドル、これは2018-2023年に約551億ドルに迫ると予測されている。2023年までに5G技術が4Gを置き換え始め、両技術の統合市場は、679億ドルに届く見込である。
・人工誘電体は、2018-2023年に航空機搭載アンテナに浸透し始めると予想されている。BCCリサーチによると、人工誘電体は、航空機搭載材料市場全体の15%を占める可能性がある。
・2028年までには、運輸がメタマテリアル市場の43.1%を占め、これに通信(14.0%)、ヘルスケア(5.2%)が続く。
 「人工誘電体メタマテリアルは、航空機レーダーや通信に重要な潜在的アプリケーションがる、これは米国空軍がメタマテリアルをアンテナに適用する要求が来ていることからわかる」とBCCリサーチのアナリスト、Andrew McWilliamsは指摘する。「目標は、様々なアンテナパラメータに影響を与える材料を実証することである。ビーム成形やステアリング/ローブコントロール、強化された中心周波数チューニング範囲、強化された帯域、アンテナサイズ/重量/厚さの低減、共形、柔軟なアンテナデザインを可能にする要素」。

負の屈折率メタマテリアルアプリケーション
 負の屈折率のメタマテリアルが商用利用されるまでにはかなりのR&Dが必要であるが、多くの潜在的なアプリケーションが有望視されている。例えば、光学顕微鏡、データストレージやフォトリソグラフィである。