All about Photonics

Business/Market 詳細

マイクロディスプレイ市場、2025年に34億ドル

December, 12, 2018, San Francisco--グランドビューリサーチによると、世界のマイクロディスプレイ市場規模は、CAGR 19.1%成長で、2025年に34億2000万ドルに達する見込である。
 マイクロディスプレイは、対角線スクリーンサイズが2インチ以下の微小ディスプレイ。マイクロディスプレイは、コンパクトな小型ディスプレイで、多数のピクセルと高解像度が特徴。これらは一般に、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、ヘッドアップティスプレイ(HUD)、リアプロジェクションTVs、デジタルカメラに使用される。コンシューマエレクトロニクスでの採用増、微小ディスプレイに対する消費者の嗜好増、製品アプリケーション拡大が、この市場の刺激要因である。

マイクロディスプレイは、2Dアレイトランジスタを含むCMOSチップを利用している。リアプロジェクションTVsにもますます導入されるようになっている、これは全般的なコスト低減に加えて、音声や画像鮮明度向上のためである。優れた画像品質、高解像度、コンパクトサイズ、低消費電力が、コンシューマエレクトロニクス、軍&防衛、医療アプリケーションでのマイクロディスプレイ採用増を後押ししている。2017年、LCDベースディスプレイが市場で優位を占めていた。ローコスト、比較的高輝度、簡便な製造プロセスのためである。

OLEDは、いくつかのアプリケーションでLCDに取って代わる次世代技術である。例えば、デジタルカメラ、フィットネスウオッチ、スマートフォンなど。
 主要目カーカーは、OLED、LCOS、ホログラフィックディスプレイをベースにした新しいディスプレイ技術革新へのR&D戦略に焦点を当てている。
 これらのディスプレイは、軍や医療アプリケーションでますます利用されるようになっている。例えば、視覚エクスペリアンスを提供する単色暗視システム、リアルタイム拡張ディスプレイ、患者のバイタルモニタリング。これが、今度は予測期間にマイクロディスプレイ市場の成長を促進するとみられている。

調査レポートの要点
・2017年北米が市場最高シェア。軍&防衛アプリケーションでデジタルカメラファインダ需要が増加したためである。OLEDマイクロディスプレイベース暗視システムを兵士に供給する軍の高額支出が、この地域市場の成長を促進するとみられている。
・APACは、予測期間に最高成長率となる見込である。コンシューマによる多数のスマートデバイス普及急増、多様な産業で需要が増えるためである。
・コンシューマの間で、VRゲームヘッドセットやスマートグラスの人気上昇が接眼セグメントの成長に寄与する見られている。