All about Photonics

Business/Market 詳細

高速カメラ市場、2023年に4億2200万ドル

December, 5, 2018, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「高速カメラ市場、利用、フレームレート(1,000-5,000、>5,000-20,000、>20,000-100,000、>100,000)、解像度(<2 MP、>2-5 MPと>5 MP)、スループット、コンポーネント、アクセサリ、アプリケーション、地域ごと、2023年までのグローバル予測」によると、市場は2018年に2億8800万ドル、予測期間にCAGR 8.00%で伸びて、2023年には4億2200万ドルに達する見込である。主要な成長因は、増加するコンパクトな高速カメラ需要、メディア&エンタテーメントおよびスポーツで高速カメラ利用の増加、製造における高速カメラの高い採用率。高速カメラの高コストは、主要な市場制限要因。

予測期間で高速カメラ市場の最大シェアは新しいカメラが保持
 製造ラインのモニタリングや監視など産業利用は、主要な導入領域。高速カメラは重要なインフラストラクチャ要素であるので、賃貸や中古品の導入は好まれない。この特性のために、2018年、新しい高速カメラが最大市場シェアとなった。これは予測期間も続くとみられている。さらに、工程のサポート向上のために最新技術と特徴を持つ高速カメラ調達需要により、新しい高速カメラ販売は特に勢いをましている。

>100000FPS高速カメラ市場は、予測期間に最高CAGR 成長
 航空宇宙、爆発物、花火製作技術、弾道学における燃焼試験、流れの視覚化など、非常に詳細な分析の必要性増加が、>100000FPS高速カメラの需要増の原動力になると見られている。また、このカテゴリの市場が成長するのは、特により高い仕様への業界要求のシフトのためである。

2017年、北米が高速カメラ市場で最大シェア
 北米は、技術的に発展した地域で、複数の確立した企業や研究施設が存在する。これらは全体として、プロセスの効率向上、増え続ける規制への適合のために大規模に高速カメラの導入を促進している。同地域は、他の2国(カナダとメキシコ)とともに世界最大の経済を構成する。全体として、これら3国には十分に確立された産業基盤があり、様々な範囲のアプリケーション向けに膨大な数の高速カメラを利用している。例えば製造ラインモニタリング、メンテナンス、トラブルシューティング、目的は工程効率の改善。R&Dアプリケーションも重要な導入分野で、自動車会社の間で高速カメラ導入が拡大している。目的は、衝突テスト、エアバッグ開発テスト、安全拘束テスト、自動車コンポーネントテストなどであり、北米市場で重要な成長原動力である。