All about Photonics

Business/Market 詳細

北米センサ市場、2023年に878億ドル

November, 29, 2018, Wellesley--BCCリサーチのレポートによると、スマートモバイル通信技術やタブレットPCsの継続する急成長により、センサ北米市場は、最高記録に達しつつある。
 2018年、北米センサ市場は、471億ドルだった。BCCリサーチの「センサ:技術と北米市場」によると、CAGR 13.0%成長で2023年には市場は878億ドルに達すると推定される。

調査のハイライト
・自動車分野がセンサ技術では北米で優位を占めており、2017年全市場の23.1%のシェア。この市場セグメントは、最高のCAGR 14.3%成長で、2023年には213億ドルに達すると予測されている。
・近接および位置決めセンサ需要急増は、自動車製造や産業機械出荷両方の回復によって支えられていると考えられる。加えて、衝突検知、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)、電子安定システムなど自動車の新たな安全機能から、多くの新しい成長機会が得られる。
・北米地域では、スマートシティ、ホームオートメーション、自律走行車、IoTアプリケーション、産業オートメーション、スマート製造技術などのスマート技術の急発展が見られ。

 「センサは、今日造られる多くの技術製品の重要要素であり、そのアプリケーション範囲は、最も基本的な家電の単純なスイッチや温度センシング機器から、高度な製造装置や工場オートメーションシステムまでの製品をカバーする。マイクロ技術がエクトロにクス産業を変革し、微小化は今では、どんなシステムでも標準部品になっている」とレポートはコメントしている。