All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング プラスチック市場、2023年に19億6530万ドル

November, 19, 2018, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dプリンティングプラスチック市場、タイプ(フォトポリマ、ABS、ポリアミド、PLA)、形態(フィラメント、液体/インク、粉末)、利用産業(ヘルスケア、航空宇宙&防衛、自動車、電気&エレクトロニクス)、アプリケーション、地域、2023年までのグローバル予測」によると、市場は、2018年に6億1580万ドル、2018-2023にCAGR 26.1%成長で、19億6530万ドルに達する見込である。
 ヘルスケアからの需要増、生産活動における需要増などの要因が、3Dプリンティングプラスチック市場に影響を与える。航空宇宙&防衛、電気&エレクトロニクスは、3Dプリンティングプラスチックのもう1つの主要エンドユース産業である。

フォトポリマタイプセグメントが2023年までの3Dプリンティングプラスチック市場をリードする
 タイプ別では、フォトポリマセグメントが、2018年3Dプリンティングプラスチック市場の最大シェアと推定され、2023年まで市場で優位を占めると予測されている。多数の樹脂で構成されているフォトポリマは、光造形技術(SLA)で主に用いられている。ポリイミドセグメントは、予測期間で最高CAGRが見込まれている。

2023年までの3Dプリンティングプラスチック市場をリードするのはフィラメント形態
 形態別では、フィラメントセグメントが2018年3Dプリンティングプラスチック市場で最大シェアと推定されており、2023年まで市場で優位が続くと予測されている。フィラメント形態は、商用アプリケーションでも一般でも高い需要がある。粉末セグメントは、予測期間で最速成長が予測されている。

プロトタイピングアプリケーションが、2023年までの市場をリード
 アプリケーションでは、プロトタイピングセグメントが2018年3Dプリンティングプラスチック市場の最大シェアと推定され、市場での優位性は2023年まで続く。プロトタイピングは、様々なエンドユース産業で高い3Dプリンティングプラスチック需要を生み出している。製造は、3Dプリンティングプラスチックのもう1つの重要アプリケーション。

ヘルスケアエンドユース産業が2023年までの3Dをリード
 エンドユース産業では、ヘルスケアセグメントが2018年3Dプリンティングプラスチック市場の最大シェアと推定され、2023年までの市場で優位を占める。医療デバイスや機器、整形外科、歯科インプラントにおける3Dプリンティングプラスチックの需要増が予測期間にヘルスケア産業で市場の成長をリードする見込である。

北米が予測期間に世界の3Dプリンティングプラスチック市場をリード
 北米は、2023年までのグローバル3Dプリンティングプラスチック市場の最大シェアと見込まれている。これに続くのがAPAC。米国、ドイツ、中国、日本とUKが、これらの地域で3Dプリンティングプラスチックの主要コンシューマ。様々なエンドユース産業で3Dプリンティング技術の普及が進んでいるためである。北米とヨーロッパは、3Dプリンティング市場参入のために主要化学会社からの投資が増加している。これらの企業は、プリンタメーカーと提携して特殊技術に適したグレードの3Dプリンティングプラッスチックを開発している。