All about Photonics

Business/Market 詳細

2019グローバルLED照明市場トレンド

November, 8, 2018, Taipei--LEDinsideのレポート「2019 Light LEDとLED Lighting 市場展望」によると、2018-2023年にLED照明市場規模は、徐々に拡大する。LED照明市場規模は、2018-2023にCAGR 9%で成長し、2023年には566億ドルに達する見込である。

LED照明トレンド地域ごとに異なる
 ヨーロッパのLED照明市場規模は、引き続き拡大し、年成長率9.5%で2018年に82億9200万ドルに拡大する。また普及率は50%を超える。この市場では、商用照明向け照明器具、スポットライト、白熱電球、装飾電球などが最も成長の勢いが強い。
 アメリカの照明メーカーはすべて、1H18は収益が好調、これは主にアメリカ市場からのものである。照明製品のコストは、消費者に移転される。これは米中貿易戦争と原材料価格上昇によるものである。
 日本市場の単価は、相対的に高い。さらに、日本経済の回復と2020年東京オリンピックのために、日本市場の成長は続く。
 東南アジアは、徐々に動的LED照明市場に発展していく。地域経済の急成長、インフラストラクチャ投資および人口により、照明需要は非常に大きい。中東とアフリカ市場におけるLED照明の普及は急速であり、将来的な市場の可能性は十分期待できる。

2019-2020の照明市場トレンド展望: 3つの主要な機会が照明メーカーにとって収益成長の原動力となる。一つは、2020 東京オリンピックに刺激される照明需要。もう1つは、DLC V5.0が光品質と発光効率を改善することから、ハイエンド照明市場の需要上昇が見込めること。さらに、照明メーカーは、産業横断的にビジネスチャンスを拡大する、これは建築用スマート照明、ヒューマンセントリック照明、園芸照明、漁業照明、特殊照明などである。
(詳細は、https://www.ledinside.com)