All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティングソフトウエア世界市場、2023年に21億ドル

November, 5, 2018, Wellesley--BCCリサーチのレポートによると、航空宇宙や防衛、自動車、ヘルスケアおよびファッション業界からの関心により、3Dプリンティングソフトウエアグローバル市場は、一段と上昇した。
 2017年、3Dプリンティングソフトウエアグローバル市場は、6億5540万ドルだった。しかし、BCCリサーチの「3Dプリンティングソフトウエア: 2023年までのグローバル市場」によると、CAGR 22.2%で2023年には市場は21億ドルに達する。
 最もよく知られたソフトウエアに含まれるのは、SketchUp, FreeCAD, Blender および AutoCAD。スライシングソフトウエアには、3D Slash, Simplify3D, 123D Catch および Tinkercadが含まれる。3Dモデルで様々な物体を作製できる便利さが、3Dプリンティング需要を押し上げている。

調査のハイライト
・専門家、技術や知識不足が、3Dプリンティングソフトウエア市場の障害となっている。
・主要市場プレイヤには、Autodesk Inc. (ADSK), 3D systems (DDD), Dassault Systemes (DASTY)および Materialise NV (MTLS)が含まれる。
・市場参入するスタートアップベンダは、より画期的でコスト効果の高いソフトウエアをエンドユーザに提供する。これが、予測期間に3Dプリンティングソフトウエア市場の成長を活性化すると見られている。

 「3Dプリンティングは画期的な技術である。その無限の能力で未来を変える」とレポートは強調する。「大きな成長にもかかわらず、3Dプリンティング市場には未開発の潜在力がある。また、企業や技術採用者にはプロトタイピングを超え出る途方もないチャンスもある。3Dプリンティングは、製造をサポートし、新たな製造効率を達成する。今後数年で、3Dプリンティングとソフトウエアビジネスは、成長率が激増する見込みである」。