All about Photonics

Business/Market 詳細

画像認識グローバル市場、2025年までに860億ドル

November, 5, 2018, Portland--アライドマーケットリサーチ(Allied Market Research)のレポート「画像認識市場、展開モード、コンポーネント、業界、技術とアプリケーションごとの、2018-2025年グローバル機会分析と産業予測」によると、グローバル画像認識市場は、2017年に179億1100万ドル、予測期間にCAGR 21.8%成長で、2025年までには860億100万ドルに達する見込である。
 メディアクラウドサービス人気上昇、顔認識技術の進歩、カメラ付モバイルデバイス激増、セキュリティアプリケーションや画像認識機能対応製品の需要増が市場の成長を補完する。しかし、画像認識システム導入の高コストが市場の成長の妨げになると見られている。
 コンポーネントベースでは、2017年、サービスセグメントが世界の画像認識市場で優位を占め、このトレンドは予測期間も継続すると見られている。メディアクラウドサービスやマネージドネットワークセキュリティサービス需要が伸びるためである。
 2017年、小売分野が、世界の画像認識市場の最大の貢献者。誤診防止目的で、画像認識ソリューション採用が画像検査で増加したためである。

画像認識市場の要点
・展開モードでは、予測期間に世界の画像認識市場で、クラウドセグメントが大きな成長が見込まれている。
・2017年、サービスセグメントが、コンポーネントカテゴリで最高収益を記録。
・業界ベースでは、小売セグメントが2017年に最高収益を生み出した。
・技術ベースでは、2017、対象検知が最高収益を生み出した。
・アプリケーションでは、拡張現実(AR)セグメントが予測期間に、世界の画像認識市場で大きな伸びが見込まれている。
・地域ベースでは、APACが予測期間に大きな成長が見込まれている。