All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング市場、CAGR 16.5%で2025年に237億ドル

November, 2, 2018, San Francisco--グランドビューリサーチ(Grand View Research)のレポートによると、世界の3Dプリンティング市場規模は、2025年までに237億9000万ドルに達する見込である。予測期間にCAGR 16.5%で市場は拡大する。
 3Dプリンティングは、産業分野での採用が拡大している。これは、製品製造強化と、Time to Market短縮のための高需要が原因である。
 アプリケーションでは、3Dプリンティング(3DP)市場は、プロトタイピング、工作機械、機能部品に分けられる。業界は別にして、自動車、ヘルスケア、航空宇宙および防衛産業ば、同技術の主要な採用者である。これらの産業の現在の利用者は、正確さ、製品設計強化、信頼性、Time to Market短縮、経済的な製造工程を強調する。積層造形(AM)工程がこれら全ての利点を有すると考えると、予測期間を通じてAMの採用は勢いが続くことが見込める。
 3Dプリンティングと関連技術は、集中的R&D活動と公私分野からの積極投資とともに継続的に進化している。先進国における政府支援と促進政策がメーカーを後押しして、技術の改善や新技術の採用が進んでいる。
 北米は、2017年35%を越える最大市場シェアだった。これは、いくつかの産業で同技術が広く採用された結果である。一方、APACは製造ハブとして登場してきた。これは、消費者基盤の拡大、継続する海外からの積極投資の結果である。したがって、APACは、予測期間で大きく成長する見込である。
 3Dプリンティング技術は、資本集約的技術である。同時に、3Dプリンティング関連の利点についての知識が不足している。さらに、市場は、標準的なプロセスコントロール、3Dプリンティングに必要な熟練者が欠如している。こうした要素が、近い将来市場の成長を遅らせることが予想される。しかし、認識を高めることを狙った政府の積極策が、こうした制約に反撃するとも期待されている。

調査の要点
・デスクトップ3Dプリンタの需要が、予測期間に増加する見込みである。家庭、個人利用、教育分野でトレーニング目的での利用に人気が出てきているためである。
・2017年、プロトタイピングセグメントが、3Dプリンティング市場で優勢だったが、この市場シェアは2025年までに60%を超える見込みである。
・デスクトップ3Dプリンティングセグメントは、予測期間で普及が大きく進む見込みである。
・APACが大きく成長すると予測されている。継続的な都市化、自動車、家電、航空宇宙と防衛、ヘルスケア業界からの需要、特に中国、日本、韓国などで需要が伸びるためである。