All about Photonics

Business/Market 詳細

MicroLED TV市場トレンドと課題迫り来る8K高解像度世代

November, 2, 2018, Taipei--トレンドフォースのLEDinside部門の「2018 MicroLED次世代ディスプレイ技術市場レポート – 4Q18 MicroLED TV市場と技術課題分析」によると、2023年には4K TV市場シェアは51%、8K TV市場シェアが10%に達する見込である。すなわち、今後、高解像度パネルが登場することを意味する。OLED TVに比べて、MicroLED TVは、高解像度、高輝度、高信頼を遙かに容易に満たす。しかし、克服すべき技術課題は多い。

MicroLED TV製造技術障壁
バックプレーン駆動技術: 2K、4K、8Kの開発で、MicroLEDチップはどんどん小さくなった。MicroLEDは、高解像度を達成するために高電子移動度と配線を必要とするので、バックプレーンアプリケーションは、LTPSとIGZOに注目する。

大量移動技術: 4つの主要技術がある。ピック&プレイス技術、流体アセンブリ技術、レーザプリンティング技術,ローラープリンティング技術。異なるトランスファ企業が開発したトランスファ技術は相違する。主な理由は、異なるアプリケーション製品が異なるトランスファ技術に適しているからである。

フルカラー技術: 現在、色変換とRGBチップ技術があり、RGBチップ技術の方が広く用いられている。

MicroLEDディスプレイスプライシング技術: 異なる領域とモジュール間で色と輝度に違いがあるため、ディスプレイ効果を改善するために画像補正技術で補正する必要がある。

(詳細は、https://www.ledinside.com)