All about Photonics

Business/Market 詳細

IIOTプラットフォーム市場、2023年に138億ドル

October, 31, 2018, Northbrook--マーケット&マーケット(MarketsandMarkets)のレポート「IIoTプラットフォーム市場、プラットフォーム、アプリケーション分野、業界と地域、2023年までのグローバル予測」によると、グローバルIIoTプラットフォーム市場規模は、2018年に32億7000万ドル、予測期間にCAGR 33.4%で2023年には138億2000万ドルに達する見込である。
 この市場の主要成長要因に含まれるのは、予測保守および予防保守と集中モニタリングの必要性。加えて、ITとOTの組み込み、さらに増大する次世代技術の採用がIIoTプラットフォーム市場の成長を促進すると見られている。増え続けるIndustry 4.0ソリューション要求が、IIoTプラットフォームベンダにとってはチャンスになる。企業は結果と力のある経済の方へシフトしており、これらがIIoTプラットフォーム市場の未来を形作る期待されている。

予測期間のIIoTプラットフォーム市場では、加工産業が大きく成長
 加工産業は、バルク資源を他の製品に加工することに関するものである。加工産業は、エネルギーや公共事業、化学製品と材料、飲食品、水および廃棄物管理など(薬品、鉱業および金属、パルプや紙)など様々な産業で構成される。IIoTプラットフォームは、オペレーションを最適化し、設備管理やビジネスプロセス最適化により、ビジネスプロセスを合理化する。

予測期間で、設備追跡と管理アプリケーション分野が、IIoTプラットフォーム市場で最大規模を維持。
 広範な地理的領域に分散設備をもつほとんどの企業は、その運用効率、生産性、コスト、人員、最終的には純益に影響を与える多くの問題に対処しなければならない。ローコストセンサ、GPSによる位置情報サービス、手頃な価格の接続性およびゲートウエイの幅広い利用で、より多くの設備にトラッキングデバイス、センサ、アクチュエータを装備し、したがってIIoTプラットフォームへの集中的接続が得られる。設備追跡や管理は、物理的な設備、製造現場における装置の性能に関わる。プラント、機械、保有車輌などの保護は、製造オペレーションの重要要素。資産管理産業アプリケーションは、極めて重要である。それによって全ての利害関係者は統一見解が得られ、製造企業の効率維持に関わるからである。

北米が予測期間にIIoTプラットフォーム市場で最大シェア
2018年、北米がグローバルIIoTプラットフォーム市場で最大シェアを持つと予測されている。同地域のスタートアップ文化が、他の地域と比較して、成長ペースが高い。加えて、生産活動における大企業によるデジタル化採用が、北米におけるIIoTプラットフォーム成長を支援すると見られている。SMEsは、既存システムへの新技術導入で柔軟性がある。一方、大企業は、高額予算をデジタル化に割り当てる。US政府はイニシアチブを発揮し、IIoTプラットフォーム市場の成長を促す様々な規制や政策を発表している。例えば、米国の情報技術とイノベーション基金は、製造イノベーションネットワーク全国網の構築に向けて活発に邁進している。