All about Photonics

Business/Market 詳細

競技場のコネクティッドライティングからリアルタイムデータ

October, 31, 2018, Boulder--競技場のコネクティッド照明システムは、エネルギーや運用効率改善とともに、技術による雰囲気と盛り上がり向上に寄与すると期待されている。
 ナビガントリサーチ(Navigant Research)のレポートは、競技場におけるコネクティッド照明システム関連の機運を調査している。これは、エネルギー効率、持続可能性、運用およびファンの経験を高めることができる。
 家庭あるいはモバイル機器でのゲーム視聴に対抗して、競技場は、大衆を引きつけるためにファンの経験を高めることに眼を向けている。変化するファンのニーズや要求を理解することは、ファンの参加を最大化できる会場の開発で最も重要である。また、最新の競技場から商機を引き出し、利害関係者のROI最大化できる会場の開発でも重要にある。NavigantRSRCHのレポートによると、コネクティッド照明システムは、雰囲気や興奮を作り出すために競技所で使用でき、同時にリアルタイムデータを収集して、遠隔制御でパフォーマンスを最適化し、モバイル機器を介してファンとの相互作用を可能にする。
「競技場でファンがスポーツを経験する方法は、近年、大きく変わっており、次の10年では変化はさらに急速になる」と調査アナリスト、Christina Jungは指摘している。「ファンのエクスペリアンス向上に加えて、コネクティッド照明は、LED技術を活用して、エネルギー効率と持続可能性の改善を推し進めることができる」。

レポート「コネクティッド照明システムは、データ駆動競技場の運用とエクスペリアンスを高める」は、エネルギー効率、持続可能性、運用、ファンエクスペリアンスを増大させる競技場でコネクティッド照明システムに向けた建設の機運を調査している。
(詳細は、https://www.navigantresearch.com)