All about Photonics

Business/Market 詳細

超高速レーザ市場、2022年までCAGR 24.7%

October, 30, 2018, Wellesley--BCCリサーチ(BCC Research)のレポートによると、超高速レーザ市場の目覚ましい成長の原因は2つで、代用品の欠如と比類のない高い強度。
 同社の調査「超高速レーザ: 技術とグローバル市場」によると、業界は、2022年までCAGR 24.7%の成長を見込んでおり、その時点で市場は約81億ドルとなる見込である。
 その市場の主要プレイヤは、Coherent, Lumentum Holdings, IPG Photonics, Jenoptik Laser および NKT Photonics。

調査のハイライト
・ファイバレーザは、規模で市場をリードする見込みで、2022年には43億ドルに達する。とは言え,Ti:Sapphireレーザが成長率では市場をリードし、CAGR 25.5%。
・アプリケーションでは、市場は、材料加工が規模で市場をリード、2022年には推定3億5230万ドルと予測されている。しかし、成長率では、市場をリードするのは自動車アプリケーションで、予測期間でCAGR 27.3%。
・北米が、規模でTi:Saレーザ市場をリードすると予測されており、2022年に推定4億1460万ドルとなる見込である。成長率では、APAC地域がリードし、予測期間でCAGR 26.7%。
 「現在、超高速レーザは、ナノサージェリ(極小手術)、マイクロマシニング、細胞イメージング、チップ製造など、様々な目的に使用されている。そのような幅広いアプリケーションの需要により、フォトニクスサプライヤにとって、超高速レーザはますますロバストな市場になっている」とレポートの担当者、Sinha G. Guaravは分析している。
 市場の成長は、あらゆる分野、世界の全ての地域で力強いが、市場拡大を制限する要因はいくつかある。それらの主要なものは、技術的な競合。ナノ秒およびフェムト秒レーザのミリ秒やマイクロ秒レーザに対する優位性は、未知であり、このため従来のレーザから超高速レーザへの移行が遅れている。一方、レーザ加工機器関連の高い初期コストのために、小企業がこれらのツールを選択することが難しくなっている。