All about Photonics

Business/Market 詳細

ネットワークモニタリング市場、2023年に29億ドル

October, 22, 2018, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ネットワークモニタリング市場、提供方法(装置とソリューション&サービス)、帯域(1 & 10 Gbps, 40 Gbps, 100 Gbps)、技術(Ethernet、ファイバオプティク、InfiniBand)、エンドユーザー(エンタプライズ、テレコム)および地域ごとの2023年までの世界予測」によると、ネットワークモニタリング市場全体は、2017年に16億7000万ドル、以降CAGR 9.9%で2023年には29億3000万ドルに達する見込である。厳しい信頼性要求を持つエンタプライズ数の増加がネットワークパフォーマンスモニタリング装置需要を牽引している。また、ミッションクリティカルなネットワークインフラストラクチャのスムースなオペレーションを保証するロバストなネットワークモニタリング機能のために、高信頼、スケーラブルなネットワークモニタリング装置に対する需要が、この市場の成長に貢献する。

ソリューション&サービスが2018-2023にネットワークモニタリング市場で最大シェア
 ネットワークの複雑さ増大、技術の融合、増え続ける仮想化実装が、ネットワーク管理技術、ツール、実行を変革すると見られている。サーバ仮想化の一環として導入された仮想ネットワーキングが、次第にネットワークモニタリングに影響を及ぼしていく。

1 & 10Gbps帯域モニタリング装置が2018-2023にネットワークモニタリング市場で最大シェア
 1および10Gbps帯域のモニタリング装置が、エンタプライズ、テレコム、政府機関、サービスプロバイダなど、さまざまなエンドユーザーに広く採用されている。現在、より高帯域のネットワークモニタリング装置が市場で勢いづいている。その結果、1&10Gbps帯域のモニタリング装置の価格が下降しており、これは次に、最良のネットワーク発展に向けてこの種の装置の採用を促進することになる。

2018年ネットワークモニタリング市場ではEthernetが最大シェア
 2018年、Ethernetが上のネットワークで最大シェア。データセンタの拡張、仮想化技術採用増加が、より高帯域のネットワークモニタリング装置需要を押し上げている。Ethernetベースネットワークにより、さらなる拡張性と、よりアジャイルで低遅延のソリューションが得られる。Ethernet技術の低帯域から高帯域への移行は、コスト効果が高いだけでなく、切断することなく可能である。したがって、データ転送のためにいくつかの産業で広く採用されている、これは次に、Ethernetベースのネットワーキング装置の成長原動力となる。

2018-2023ネットワークモニタリング市場の最大シェアはエンタプライズ
 さまざまなエンタプライズで高度な技術開発が進んでいるため、生成されるデータ量が膨大になっている。ITインフラストラクチャ内の複雑性によりエンタプライズは、仮想化技術を採用するようになっており、したがってそれが、エンタプライズにおけるネットワークモニタリングの成長を促進している。また、従業員の移動性増加、「個人機器持込(BYOD)」などの戦略的採用増加、運用データ爆発のために先進的ビッグデータ利用増が、将来のネットワークモニタリング要求に影響を与える。これには、高性能、低遅延、セキュアなスイッチングソリューションが含まれている。エンタプライズには、銀行、金融、ヘルスケア、小売およびイーコマース、メディアおよびエンタテーメント業種が含まれる。

2018-2023年ネットワークモニタリング市場の最大シェアは北米
 米国市場は、一段と大きな牽引力を得ると予測されている。非常に多くの機関が、クラウドを選択して、事業の継続に向けた、新規データセンタ建設の前払い費用を節約しようとするからである。また、米国は世界のクラウドサービスプロバイダの拠点であり、データセンタサービスを提供するAmazon Web Services (AWS) やMicrosoft (US)などの企業の拠点でもある。さらに、ネットワークモニタリング市場の大手企業が、販売額の半分以上を占め、それらの企業は米国に拠点を持っている。