All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティンググローバル市場、2023年まで年成長率22.4%

October, 16, 2018, Wellesley--BCCリサーチによると、グローバル3Dプリンティング市場の著しい成長を後押しする2つの要素は、低コストと技術進歩である。市場は、徐々に建設や医療産業に拡大浸透しつつある。
 3Dプリンティング世界市場レポートによると,同産業は、2023年までCAGR 22.4%で成長し、2023年には約229億ドルに達する見込である。
 
調査のハイライト
・コンポーネントでは、市場規模リーダーは3Dプリンタで、2023年には推定123億ドル、CAGR 21.8%である。しかし、最強成長はサービスで、CAGR23.5%。
・北米が規模で市場をリードする。2023年に推定13億ドル。ただし、最強成長はAPAC地域で、予測期間にCAGR 24.8%。
・技術では、市場は材料押出ユニットが規模でリードし、2023年には推定45億9000万ドル。これに続くのがVAT光重合化、27億9000万ドル、さらに粉体床溶融が18億5000万ドルと続く。

「R&D活動、および画期的な製品への支出増が、3Dプリンティング市場の成長を牽引している。3Dプリンティングは、伝統的な時間のかかる製造工程の置き換えとして台頭してきた」と調査レポートは分析している。
 成長は予測期間を通じて堅調ではあるが、拡大を遅らせる課題が多く存在する。その主なものは、3Dプリンタ技術、プロセス、装置を理解している熟練技術者の欠如である。業界は、従来の工業的方法を押しのけることができる熟練した作業者、エンジニアを必要としている。さらに、材料や工業用プリンタの高コストのために,高強度材料の必要性など、特殊機能的要求を持つ顧客を遠ざける可能性がある。