All about Photonics

Business/Market 詳細

軍と航空宇宙向け光ケーブル、2023年に20億ドル

October, 12, 2018, Maharashtrs--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「軍と航空宇宙向け光ファイバケーブル市場、アプリケーション(航空電子機器、機内インテリア、飛行管理装置、IFEシステム、通信システム、レーダシステム、電子戦争)、最終利用、タイプ、地域毎、2023年までのグローバル予測」を発表している。軍と航空宇宙向け市場は、2018年の18億2000万ドルから、2018-2023年にCAGR 1.93%で、2023年には20億ドルに達する見込である。
 帯域と信頼性に対する要求増、新規およびアップグレード航空機の光ファイバケーブルを導入する機体&オペレータが、軍と航空宇宙向け光ファイバケーブル市場を牽引する主要素。

アプリケーションベースでは、レーダシステムセグメントが予測期間で最高CAGRとなる見込
 アプリケーションベースでは、軍と航空宇宙向け光ファイバケーブル市場でレーザシステムセグメントが、予測期間に最高CAGRが見込まれている。新しい近代戦軍事技術には、ネットワークセントリック戦闘システム、電子戦闘システムが含まれる。レーダは、これらの戦闘システムの重要な構成要素。レーダは、偵察能力や状況認識に加えて、対象の正確な追跡や同定により、そのようなシステムの効率を高める。

最終利用ベースでは、宇宙セグメントが予測期間に最高成長が見込まれている。
 最終利用ベースで、軍および航空宇宙向け光ファイバケーブルの宇宙セグメントが、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。このセグメントの成長は、軍事作戦における状況認識要求の増加、地理空間インテリジェンス利用の増加によるものである。インテリジェンスは、軍隊に高度な状況認識を提供することによって、戦力増強装置として機能するので、重要な軍事能力である。

タイプ別では、シングルモードセグメントが予測期間で高いCAGR
 タイプ別では、光ファイバケーブルのシングルモードセグメントが,予測期間にマルチモードセグメントよりも高いCAGRが予想されている。シングルモードセグメントの高い期待成長率は、人口動態トレンドの変化、接続デバイスでの要求拡大によるものである。これらが、シングルモードセグメントの成長に寄与する見込である。

APAC地域が予測期間に大きく成長
 地域の中では、APACファイバオプティックケーブル市場が予測期間に大きく成長するとみられている。APACにおける軍および航空宇宙向けの光ファイバケーブル市場の成長要因には、新規の航空機や防衛システムに対する需要増が含まれる。防衛製品開発への投資増、同地域の国際および国内プレイヤ両方のプレイヤの注目度増加が、予測期間に市場の成長に寄与する。