All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の建設用レーザ市場、2025年に33億6300万ドル

October, 3, 2018, Portland--アライドマーケットリサーチのレポート「建設レーザ市場、製品と範囲、2018-2025予測」によると、世界の建設レーザ市場は、2017年の23億9460万ドルから、2018-2025にCAGR 4.4%成長で、2025年には33億6300万ドルに達する見込である。2017年、APACが収益で36.8%を占め、世界市場で優位を占めた。これに次ぐのがヨーロッパ。
 建設用レーザは、水準測量、測量、計測、アライメントで建設産業において利用されている。建設用レーザは、レーザビームを特定対象に放出するレーザプロジェクタで構成されるツール。レーザビームを使って、距離、角度、水平、傾斜など多くの土木計測を計算する。建設レーザにより、従来の方法に比べて、迅速かつ正確な建設活動が可能になる。
 近代都市では、土地不足が一般的であり、したがって建設中に精度を要求する並外れたアライメントの複雑な建物を建設することになる。そのような複雑な計測は、建設レーザを使って正確に行われる。
 建設産業の成長は、世界中で建設活動の膨大な需要を作り出している。R&Dチームは、より優れた性能の製品を作り出し、それがこうした建設レーザの製造コストを押し下げている。このような技術的進歩は、プレミア品質、高精度製品に対する利用者の期待に応えるものである。したがって、こうした要素が、市場の主要プレイヤには潜在的な期待を与えている。とは言え、建設レーザビームは、作業者にとっては有害ある。長期露光は火傷を起こす。こうしたビームの直接露光は、永久的失明になる。こうした要素が、世界的な建設レーザ市場成長の制約となる。
 1~100フィートの建設レーザセグメントが、2017年、建設レーザ市場で最高の52.1%のシェアだった。予測期間を通じて、CAGR 4.2%成長が見込まれている。製品では、ライン水平器セグメントが、予測期間を通じて最高市場シェアに寄与すると見られている。ラインレーザは、様々な屋内アプリケーションで広範に用いられており、これが市場における需要を牽引している。回転レーザ水平器セグメントは、予測期間で最高のCAGR5.2%が見込まれている。
 APACが、予測期間で建設レーザ市場で優位を占めると見られている。これは、アジア地域に主要企業が存在すること、建設活動が活発であることによる。さらに、ヨーロッパと北米は、予測期間において安定成長が見込まれている。

主な調査結果
・2017年、ラインレーザ水平器セグメントが、販売額では、世界の建設レーザ市場で優位を占めた。また、予測期間にCAGR 3.4%成長が予測されている。
・201フィート以上のセグメントが、予測期間にCAGR 4.6%成長が予測されている。

APAC地域が予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。中国、日本、韓国、インド、台湾などの国々が予測期間において建設レーザ市場成長の原動力になる。