All about Photonics

Business/Market 詳細

グローバルMicroLED市場、2022年に107億ドル

microled-share

July, 23, 2018, Glen Allen--業界アナリスト会社、n-tech Researchは、「MicroLED市場機会: 2018-2027」レポートを発表した。同レポートは、MicroLED世界市場は、2019年の27億ドルから、2022年には107億ドルに成長すると予測している。同社によると、microLED技術は大きく進歩しており、今後大きな商機を形成する。

レポートの要点
・MicroLEDは、他の先進的ディスプレイ技術に対して非常に優れた品質を持つ。
 MicroLED技術は、多くの実用的プロトタイプ評価を通じて、LCDやOLEDよりも優れていることを実証している。そのような優位性は、眼前AR/VRプロジェクターや自動車HUDでは直ちに有用な要素となる。そうしたアプリケーションは小型形状、軽量、超高解像度、超高輝度の組合せを必要とする。
・スマートウオッチ市場は、microLEDにとって利益を生むもう1つの機会である。ここでは、超低消費電力と超高輝度の組合せによりmicroLEDは、ウエアラブルデバイスにとって当然の選択となる。n-tech Researchは、このセグメントは、2022年には16億ドル規模になると見ている。
・期待できる超大型ディスプレイにおける成長
 そのようなディスプレイは、ビデオウォール、デジタルシネマ、デジタルサイネージ、ホームシアターで使用される。このようなアプリケーションでは、microLED技術の大面積への拡張性から得られる利点が非常に大きい。MicroLEDは、「巨大スクリーン」領域に他の機能とのハイブリッドの可能性を提供し、柔軟で透明なディスプレイデザインとの適合も可能にする。
・microLEDは、万能ではない
 n-tech Researchによると、microLED技術の普及が困難なアプリケーションが存在する。これらは、スマートフォン、タブレット、通常のTV市場。ここではLCDやOLED技術が引き続き優勢である。MicroLEDの利点は、これらの市場では一目瞭然というわけではない。ただし、低消費電力はタブレットやスマートフォンにはセールスポイントにはなる。