All about Photonics

Business/Market 詳細

UV LED市場、2022年に12億2400万ドル

May, 15, 2018, Taipei--LEDinsideのレポート、「2018 UV LEDアプリケーション市場、キュアリング、医療および殺菌」によると、UV LED市場規模は、2017年に2億2300万ドルに達し、2017-2022にCAGR 33%で成長し、2022年には12億2400万ドルに激増する見込である。堅調なキュアリング市場の成長を別にすれば、表面殺菌、静水殺菌および流水殺菌が2018-2022 UV LED市場の成長原動力となる。
 LEDinsideによる2017年UV LEDプレイヤの収益実績調査では、韓国メーカーは積極的にUV LED市場に注力している。収益ランキングは、Soeoul Viosys, LG Innotek, Nitride Semiconductors, Nichia およびEpitopとなっている。特に、UV-C LED収益ランキングでは、韓国メーカーが積極的にUV-C市場を重視にしており、上位3メーカーは、Seoul Viosys, LG Innotek, QD Jason。将来的には、High Power Lighting (Bioraytron), Crystal IS, Nitride Semiconductors, Stanleyが続きそうだ。
 UV-C LEDアプリケーション市場の成長原動力は、表面殺菌、静水殺菌、流水殺菌。
 静水殺菌と表面殺菌(空気清浄、ホームアプリケーションなど)は、露光時間要求が低い。需要側は付加価値を得るためにUV LED製品を採用する。市場アプリケーションは非常に広く、ベビー用品、モバイルフォーン、エスカレータ、家庭用品など、多くの市場が生まれている。
 さらに、流水浄化は、高速浄化時間を必要とする。この市場は、製品の出力率要求が高い。LEDinsideの分析によると、家庭用浄水器市場には主に2つの商機がある、直接飲料水市場と浄水器市場である。また、家庭用浄水器には、主に3つの方式、重力、ROおよびUV浄水がある。逆浸透が市場の主流であるが、多重効果を狙って多数の浄水法の組合せも利用できる。
(詳細は、www.ledinside.com)