All about Photonics

Business/Market 詳細

オン・セミコンダクター、SensL Technologies社を買収

May, 14, 2018, Phoenix--オン・セミコンダクター(ON Semiconductor)は、SensL Technologies(SensL)の買収を発表した。この買収で、オン・セミコンダクターの非GAAPの1株当たり利益が直ちに増加すると見込まれている。
 アイルランドに拠点を置くSensLは、自動車、医療、産業、民生の各市場向けのシリコン光電子増倍素子(Silicon Photomultipliers、以下 SiPM)、シングルフォトン・アバランシェダイオード(Single Photon Avalanche Diode 、以下 SPAD)、およびLiDARセンシング製品に特化した技術のリーディングカンパニー。今回の買収により、オン・セミコンダクターは、イメージング、 レーダー、およびLiDARにおける能力を拡大し、ADAS および自律走行用の向け自動車センサーアプリケーションの市場リーダーとしての立場を強化する。オン・セミコンダクターは、アイルランドにおける今回の買収と、既に買収したイスラエルおよび英国のレーダー技術およびデザイン・センターを組み合わせることにより、次世代の高度自律走行車向けに一連の包括的なセンサソリューションを提供し、イメージセンシングと超音波駐車支援におけるリーダーの立場を強化する。オン・セミコンダクターは、2017年に買収したレーダー技術を組み込んだサンプルを2018年後半に出荷する計画である。

SensLのチームは、イメージセンサ・グループに直属する。このチームは、アイルランドのコーク市に拠点を置き、現在、米国、英国、日本、インド、イスラエル、およびアイルランドに設置されている主要な拠点を含むグローバルなセンサ設計の規模を拡大する。

現在SensLは、入手しやすいソリッドステートLiDARへの道を切り開くSiPMおよびSPAD技術に関わる幅広い製品ラインナップにより、医療イメージングの新開地でトップ企業。同社は、多くの顧客と、同社の先進的なSPADおよびSiPMベースの深度センサ技術をベースにした強力なロードマップにより、車載LiDARという新興分野のリーダー。SensLは、過去15年間にわたり、研究開発に多大な投資を行うことで、深度センサ技術におけるリーダーとしての地位を築いた。この技術は、CMOSをベースにしており、コスト効率の良いソリッドステートLiDARソリューションに向けた規模の経済性を提供する。また、イメージングの困難な状況に対してトップクラスの深度の精度、距離、消費電力を実現する。これらの深度センサ技術は、産業用ロボット、マシンビジョン、ドローン、およびモバイルや他の民生アプリケーションにおける発展も可能にする。さらに、オン・セミコンダクターは、自社の幅広いポートフォリオとASIC分野の強みをSensLのセンサで補完することで、自動車、 医療、 産業、民生の各市場の幅広いユーザ向けに、より完全で最適なソリューションを提供できるようになる。今回の買収により、オン・セミコンダクターは、イメージング、 レーダー、超音波、およびLiDAR技術の包括的なポートフォリオを有し、自律走行およびADAS アプリケーションにおけるセンサソリューションのリーダーとしての確固たる地位を確立する、と同社は説明している。
(詳細は、www.onsemi.com)