All about Photonics

Business/Market 詳細

眼科機器市場2018年に94億6670万ドル

March, 31, 2014, Zurich--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)は、眼科機器市場(OCT、眼底カメラ、眼圧計、測厚器、視野計、細隙灯、エキシマ、YAGレーザ、フェムト秒レーザ、IOL、コンタクトレンズ)-勢力図と2018までの世界市場予測を発表した。このレポートでは、北米、ヨーロッパ、APAC、その他の地域(RoW)における、主要な市場の原動力、制限要因、機会を分析し、調べている。
 眼科機器市場を牽引している主要な要素の中で、最新の技術開発が最も重要。眼科診断、手術、視力診断需要が高まっているが、これは老齢人口の増加と眼病が増えているためである。1人あたりの収入が増加したことでライフスタイルに変化が生じ、これが糖尿病などの病気につながり、糖尿病性網膜症の原因となっている。しかし、EU地域の経済低迷は、眼科機器市場の主要な制限要因になっている。
 2018年には、北米は引き続き眼科機器市場で優位を占めている。これに、ヨーロッパ、アジア、RoWと続いている。北米では、眼科機器市場の先頭に立っているのは米国。一方、アジア市場は、2013-2018年の期間に、より高い成長率が見込まれている。