All about Photonics

Business/Market 詳細

フォトニクス市場、2022年に7955億ドル

December, 22, 2017, Amsterdam--ASD Reportsが発表したレポート「フォトニクス市場、製品、アプリケーション、最終利用産業毎の2022年までのグローバル予測」によると、市場は、2017年の5305億2000万ドルから、予測期間にCAGR 8.4%で成長して、2022年には7955億4000万ドルに達する見込である。市場成長の原動力は、ディスプレイ、情報&通信技術、太陽光発電、医療技術&ライフサイエンス、計測&自動画像、照明および製造技術などのアプリケーションからの需要増。

メディア、放送&通信最終用途産業分野が、2017-2022のフォトニクス市場を牽引する見込み。
 最終用途産業に基づき、メディア、放送&通信最終用途産業分野が、2016年にフォトニクス市場で最大シェアだった。このトレンドは予測期間で継続する見込みである。フォトニクスは、この最終用途産業セグメントでは、通信、データストレージ、データ共有目的で使用される。フォトニクス製品の利用により、インターネットの速度や音声通信の品質が大幅に向上した。

フォトニクス市場のレーザ、ディテクタ、センサおよびイメージングデバイス製品タイプセグメントが、2017-2022年に最高のCAGR成長が見込まれている。
 この高い成長見込みは、これらの製品から得られる高い運用効率、高感度、精密計測、高品質イメージングに対する要求が増えているためである。

APACフォトニクス市場が、予測期間で最高CAGR成長の見込み。
 APAC地域は、世界的に見て、フォトニクスの最速成長市場となる見込みである。これは、ディスプレイ、照明および情報&通信技術などのアプリケーション領域でフォトニクス製品の採用が増加しているためである。さらに、製造分野のデジタイゼーションやプロセス改善などへの増加する政府の支出がこの地域のフォトニクス市場の成長を促進すると見られている。
(詳細は、www.asdreports.com)