All about Photonics

Business/Market 詳細

栽培用照明、LED技術と新規アプリケーションが変革を促進

November, 28, 2017, Lyon--Yole Développementの調査によると、2016年栽培用照明市場(システムレベル)は約31憶ドル、2017年には約38憶ドルに成長する見込みである。現在のビジネスは主にグリーンハウスアプリケーションと既存技術が牽引しており、それぞれ2017年の市場全体の92%、79%(売上)を占める。しかし、LED技術への移行と新しいアプリケーションの登場が、システムとLEDデバイスレベルの双方でこの市場の規模と引力を一段と強化する。
 Yoleのグループ会社、Yole DéveloppementとPISEOは「栽培用LED照明: 市場、産業と技術トレンド」レポートを発表した。
 この新しいLED技術&市場レポートでは、市場調査と戦略コンサルティング会社が栽培用照明展望の包括的な理解を提案している。
 Yole グループ会社は、2016-2022年の間にCAGR 17.8%成長で栽培用照明市場は、2022年に約 86憶ドルに達すると予測している。技術&市場分析担当のPierrick Boulayは、「これは出発点に過ぎない。したがって屋内/垂直農場が2022-2027年に勢いづく見込みであり、2027年には市場全体が170憶ドルを上回ると予測されている」と話している。
さらに、LEDデバイスレベルでは、市場機会は2017年にほぼ1憶ドルとなる見込みであり、2022年には約4憶ドルに成長する。Yoleグループの栽培用LED照明技術&市場分析は、2027年に7憶ドル市場に達すると予測している。 
 ますます競争が激しくなる世界の照明市場で、LED照明産業は栽培用照明を新たなチャンスとみなしている。高付加価値製品を開発し、より大きなマージンレベルを確保できる市場である。しかし、既存のLEDプレイヤは、この成長市場でシェアをとろうとしている新規参入者、主にスタートアップとSMEsとの競争に直面している。
 Q4/2017現在、LED栽培用照明産業はまだ小さく、50社足らずのプレイヤが専用のLEDベースシステムを提供している。同産業は北米に強く集中しており、市場シェアは50%(関連会社の数)、これは医療用大麻合法化の結果である。
 Joel Thomé, PISEOのCEOは、「業界のプレイヤのマーケティングと情報は現在、2つの主要アプリケーションに集中している。これに含まれるのは医療用植物(主に大麻)製造、これは今日主要な市場成長原動力になっている。もう一つは野菜生産で、ローエンド/大量栽培を焦点にして開発が進んでいる」とコメントしている。既存の照明システム産業の一部は、医療用植物アプリケーションを始めることはないかもしれない。それはブランドの評判を守るためである。そのような状況は、素早く収益を上げ、急速に栽培用照明市場の専門技術を強化したい新規参入者にはプラスになる。
 デバイスレベルでは、ほとんどのLEDメーカーは、「技術プッシュ戦略」をとっており、従来のLEDポートフォリオ(UV、可視、NIR LEDs)を活用して素早く栽培用照明ソリューションと関連のマーケティングツール、専用データシートなどを提供する。将来的には、植物の成長に対するLED光の効果をよりよく理解はすることで、これらのプレイヤは、より専門的なソリューション(調整された波長パッケージ、マルチ波長パッケージなど)の提供を始める可能性がある。サプライチェーンで欠けているところは、主にモジュールレベルにある、2017年の段階では実際のサプライヤはゼロ。理由は、市場がまだ新しく業界が成熟していないので、基準や法規が存在しないことである。この文脈では、各照明システムメーカーが、特殊波長混合/レシピで独自のモジュールを設計している。
 企業の中には、自社をソリューションプロバイダと位置づけ始めたところもあり、照明システムだけでなく、センサ(湿度、酸素など)やデータ管理ソフトウエアを組み込んだグローバルソリューションを提供している。これらのスマートライティングシステムの目的は、グリーンハウスや都市農場の生産性を一段と高めることにある。