All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートマニュファクチャリング市場、2025年に3952億ドル

November, 27, 2017, San Francisco--グランドビューリサーチ(Grand View Research)の調査によると、スマートマニュファクチャリング世界市場規模は、2025年に推定3952憶ドルに達する。
 生産効率向上と価値連鎖全体の見通し確保をますます重視することが市場成長の2つの主要素。加えて、3Dプリンティング、生産実行システム(MES)、中小企業に対するプラント資産管理ソリューションなど先進的技術を利用できることが、産業の成長を一段と加速する。
 スマートマニュファクチャリング採用促進のための政府の戦略と投資のプラスの影響は、市場成長を後押しする最も影響力の大きな要素の一つ。先進工業国と開発途上経済の両方がこの方法を積極的に追求していることが、さらに大きな成長原動力になると見られている。たとえば、中国はMade in China 2025プログラムで先進的製造に30憶ドルを超える投資を行うと伝えられている。
 自動車と航空宇宙&防衛産業は、スマート製造ソリューションプロバイダにとって成長のリーダー。石油とガス、産業装置製造などの産業ががデジタル化を急速に拡大している。3Dプリンティング、シミュレーション、製造と設計におけるモデリングの普及で、これらの産業が予測期間で継続して大きな成長率を維持する見込みである。市場では多くのソリューションが利用可能になっているが、デジタルツインやリアルタイム解析が、これらの産業のデジタル化浸透の先頭に立つと見られている。

調査結果の要点
・エンタプライズ制御、資産業績管理および拡大がスマートマニュファクチャリングソリューション展望を主導するとみられている。これらの技術が相互に重なり合っている例は多い。
・協調ロボットやアディティブマニュファクチャリング(AM)も産業の成長で重要な役割を果たしている。とはいえ、製造分野によっては、それらの活用という点で、まだ効率的な方法を探しているところもある。
・産業用モノのインターネット(IIoT)や制御システムの利点が盛んに宣伝されているが、サイバーセキュリティやセキュリティ標準が産業で新たな関心事になるとみられている。